体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今市隆二、初のフォトエッセイへの思いを語る

今市隆二、初のフォトエッセイへの思いを語る
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(木曜担当ナビゲーター:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二)。1月25日(木)のオンエアでは、今市が初のフォトエッセイについて語る場面がありました。

3月下旬に発売予定の今市初のフォトエッセイ『TIMELESS TIME』(幻冬舎)。このフォトエッセイは今市のソロプロジェクトの一環でもあり、京都と東京で撮影したそうです。それぞれの撮影地について今市は以下のように話していました。

「京都は古き良き時代からの風情とか、そういう“変わらないもの”をずっと大事にしていて、東京は日々進化を遂げて発展していく都市でもあるので、その対比もおもしろいと思いました。」(今市、以下同)

そしてカメラマンは海外の人だそう。「海外の人がどういうふうに京都と東京を表現するかと。海外で撮るのではなく、海外のカメラマンの方で、京都と東京を撮ったらおもしろいんじゃないかなと思って」とその思いを語りました。

撮影をしてみて「すごくいい作品になりました」と出来上がりに満足している様子の今市。まだ言えないことも多いそうですが「化学反応が起きているので、ぜひみなさん、写真の雰囲気とかを感じていただきたいです」とのことでした。

さらに長時間にわたるインタビューもあり、今市の素の部分や根本にある思いも語られているのだとか。

「どんな思いでグループで活動しているかとか、どんな思いでソロ活動を始めたのかとか。HIROさんに対してどう思っているか、メンバーに対してどう思っているのか、ファンの方々に対してどう思っているかとかそういうのをすごく…素の自分が感じられると思います。」

今回、初めて話すこともあるそうで「ぜひそこは楽しんでいただきたいなと思います!」と呼びかけていました。

そして今回の話を以下のように結んでいました。

「三代目としては常に最先端の音楽を突き詰めて求めて成長していく。でもソロのヴォーカリスト“今市隆二”っていうのは、歌う部分としては三代目とは変わらないんですけども、ヴォーカリストとしての変わらないものを常に持ち続けてこれからも歌っていくということなので。京都と東京で撮影したっていうのは、すごく今の自分のアーティストそのままの姿というふうにも捉えられると思う。そういうところを感じながら作品を見ていただけるといいな。みなさんに見ていただけたら嬉しいです! よろしくお願いします!」

今市隆二、初のフォトエッセイ、期待しましょう!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。