体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタジオはバスの中! 移動式の瞑想スペース「Be Time」、NY街に登場

仕事中に気分転換が必要と感じる場面は往々にしてあるだろう。心を落ち着かせたい−。そんな人のために米国ニューヨークで新たなサービスが展開されている。

バスの中に設けたスタジオで瞑想クラスを開催する「Be Time」。バスなのでどこにでも移動でき、ビジネス街のど真ん中で静かなひとときを提供する。

・喧騒を遮断した空間

瞑想クラスが行われるバスは、防音や遮光の特殊処理が施され、エアコンもきく。

この中で、参加者は座布団のようなものに座り、インストラクターの指示に従って瞑想する。クラス時間は30分。喧騒を離れ、呼吸や心を落ち着かせていく。

・初回はたったの10ドル

ビジネス街周辺では、フィットネスジムやマッサージなどのサービスがある。しかし、勤務中のわずかな時間を使って、しかもオフィスのすぐ近くでクラスが受けられるというのがBe Timeのポイントだ。

レッスン代金は初回が10ドル(約1100円)。2回目以降は22ドル(約2400円)となる。瞑想のほかにもアロマセラピーやライトセラピーを受けることができる。

バスのロケーションやクラススケジュールはネットで公開されていて、参加したい人はサイトから申し込めるので手軽だ。

通勤ラッシュや長時間労働などで疲れているビジネスパーソンが多い東京のオフィス街でも、こうしたサービスの需要はけっこうあるかもしれない。

Be Time

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会