体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

囲炉裏、絶景温泉…大人が憧れる!冬のおすすめ「癒し宿」7選【東北】

流せん別邸観山聴月

冬は温泉旅行に行きたくなりますね。今回は東北の冬旅におすすめの「癒し」宿をご紹介します。

時代とともに失われつつある、囲炉裏で食事を楽しめる囲炉裏宿をはじめ、温泉自慢の極上湯宿、絶景に癒される露天風呂のある宿など…どこもゆったりと時間を過ごし、暖かい料理でお腹も心も癒される宿ばかり。

今度の休みは、東北へ大人旅に出かけてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

1.いろりの宿 芦名【福島県会津若松市】

網でサッと炙り、炭の香りをまとわせる焼しゃぶ体験。

いろりの宿 芦名会津牛焼しゃぶ/薄切りの会津牛をしゃぶしゃぶのように炭火で炙るだけ。さっぱりしたかぼす酢か温泉卵に絡めて召し上がれいろりの宿 芦名豆腐に味噌をつけて焼く会津の田楽や地元の天然イワナも焼きたてで味わえるいろりの宿 芦名食事処となる囲炉裏の間は個室のほかグループ用の部屋もあるいろりの宿 芦名浴槽は会津東山の湯をかけ流しに。夕食後は貸切で利用できる

玄関の上に小さな囲炉裏が配され、その奥には白壁が目に鮮やかな蔵の入り口が。到着早々、建物の不思議な造りに驚くと同時に、時代の感覚は過去へと一気に引き戻されてしまう。「かつて改装したときに、古い蔵を移築したんです。普通は新しくするものなのに」と女将の和田美千代さんは笑う。

全7室に対し、館内にある囲炉裏の数は7つ。部屋ごとに囲炉裏を囲みながらの夕食となる。メインは地鶏ステーキやジビエ焼きなど数種類から選べるが、近年人気なのは会津牛の焼しゃぶ。肉をさっと炙り、温泉卵に絡めて口に入れれば、自ずと笑みが浮かんでしまう。名人が釣る天然イワナ、屋外でのびのびと育った鴨、有機農法のお米や野菜など、吟味した地元食材に出合えるのも嬉しい。 いろりの宿 芦名(あしな)

TEL/0242-26-2841

住所/福島県会津若松市東山町湯本下原232-1

料金/1泊2食1万8360円~※会津牛焼しゃぶプラン 1泊2食2万2830円~3万1470円

アクセス/磐越道会津若松ICより25分

「いろりの宿 芦名」の詳細はこちら

2.やまゆりの宿【岩手県花巻市】

炭火と南部鉄器ですき焼きに興じる、贅沢なひととき。

やまゆりの宿岩手黒毛和牛すき焼き/囲炉裏を使ったすき焼きは風情たっぷり。伝統工芸品でもある南部鉄器の鍋が良質な肉の旨みを一層引き出してくれるやまゆりの宿個室もあるダイニング。炭火焼きは宿のスタッフが火加減を見てくれるやまゆりの宿石造りの露天風呂。敷地内で自噴する温泉をかけ流しにやまゆりの宿全14室の客室はシンプルな和室から半露天付き特別室まで9タイプ。インテリアも異なるので選ぶ楽しみも
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会