体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リリーベル 敏感肌用マスク』肌に当たる部分を綿100%で作った使い捨て不織布マスクのやさしさ革命!

近年日本では、伊達マスクを含めると日常的にマスクを使用する人が非常に多い珍しい国。記者もやはり電車、バス、人混みなどでは風邪などの感染防止に活用しているが、使い捨てマスクはどうにも痒くなってしまうものが多かった。そんな中、コットンメーカーが綿100%の不織布(ふしょくふ)マスク『リリーベル 敏感肌用マスク』を登場させた。

コットンメーカーだからこそ可能にした綿100%のコットン(マスク内側部)が、お肌をやさしく包み込む!

敏感肌というのは厄介で、化学繊維などに過剰反応して肌トラブルを引き起こしてしまう人も少なくない。近年すっかり定着した安価な不織布マスクは、使い捨てができることで衛生的であり、非常に便利なのだが、肌に安心して使えるマスクはないものか…。

それもそのはず、巷で流通している不織布使用の使い捨てマスクというのは、ポリプロビレンなどの化学繊維などを、織ることなしに、熱や化学反応などで圧着させているものが多いのだとか。ペラペラした形状ゆえに紙由来・パルプ由来だと思っていたが、違うよう。ならば痒くなるのは当たり前だ。

ならば往年の給食係のような、綿素材のガーゼマスクでいいじゃないかと思うかもしれないが、ガーゼマスクは天然素材である綿を使っているため、保湿・保温効果に優れており、防寒や乾燥対策として重宝されているが、不織布マスクに比べ防塵効果面で少し弱いのが実情。それに使い続けると呼気で湿り、息苦しくなる。見た目も最近の流れでいくとどうにも野暮ったく見えてしまうと感じる人も多いのではないか。

そんな記者を始めとする敏感肌ユーザーのために立ち上がってくれたのが、天保3年に布団綿製造販売会社として創業されたスズラン株式会社(名古屋市北区)。綿/コットンメーカーとしての実力で、医療分野、ベビー用品、コスメティック分野まで幅広く製造している老舗中の老舗である。

ではなぜ『リリーベル 敏感肌用マスク』(9×15cm・個包装5枚入・実勢価格 税抜324円・発売中)はすごいのか。それは敏感肌とことのほか相性のいい綿(コットン)を100%使用した不織布マスクだからだ。ではなぜ今までそうした製品がなかったのか。メーカーに聞いてみた。

 

 

「通常のマスクメーカーはコストを安く抑えるため、部材ごとに仕入れをして生産しているか、委託製造をしているのが現状。そのために内側に綿を使用するなどの細かい仕様変更は大幅なコストアップになってしまい、現実的ではないのです。しかし弊社はマスクも綿もずっと自社工場で行なっているため小回りがきき、コストを上げずに細かい仕様変更が可能だったのです。創業から180年、綿が肌に優しいということを実感し続けてきた綿メーカーであるがゆえに、こうした製品を作り出すことができたのです」(スズラン株式会社)

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。