体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「若者がセルフリノベ」「2018年度の税制改正」【12月人気記事まとめ】

「若者がセルフリノベ」「2018年度の税制改正」【12月人気記事まとめ】

2018年が始まり、もうすぐ1カ月が経とうとしています。寒さも厳しくなり、関東でも大雪が降るなど、家の中で過ごす時間が増えてきたという人も多いのではないでしょうか? さて、SUUMOジャーナルで昨年12月に公開した記事では、団地やマンションの“リノベーション”に関する記事に人気が集まりました。TOP10の記事を、詳しく紹介します。

12月の人気記事ランキングTOP10はこちら!

第1位:若者がセルフリノベ!過疎の団地が“海を臨む別宅”に

第2位:2018年度の税制改正、ポイントを解説 住宅購入に関わる減税措置や特例の延長など

第3位:あの人のお宅拝見[6]料理研究家・有元葉子邸、建築家の娘がリノベーションで実現したキッチン・オリエンテッドな住まい

第4位: 郊外団地の手狭な間取りが大変身!? 2つの住戸をつなげるリノベプラン「ニコイチ」とは

第5位: 一人住まいの引越し、近隣への挨拶は不要が7割超!なぜ?

第6位: 配偶者控除大改正、何が変わる? 賢い住まいのマネー術(2)

第7位: 働き方改革で増加するテレワーク。その実態は~自宅で働く【前編】

第8位: フローリングで布団生活! 上手な布団の選び方&収納方法

第9位: 「あれ? この土地安い?」と思ったときに、気を付けたいポイントとは

第10位:憧れのタワーマンション!購入検討者に聞いた「住みたい階」は意外な結果に!? タワマン調査[1]

※対象記事:2017年12月1日~2017年12月31日までに公開された記事

※集計期間:2017年12月1日~2017年12月31日のPV数の多い順

注目ワードは「リノベーション」 築古物件が生まれ変わる事例紹介が人気に

第1位:若者がセルフリノベ!過疎の団地が“海を臨む別宅”に画像提供/神奈川県住宅供給公社

画像提供/神奈川県住宅供給公社

過疎化が進む、神奈川県中郡二宮町の「二宮団地」。団地再生の新たな取り組みとして、自らの手でリノベーションをして暮らしを楽しむ若者たちがいます。実際に団地に住みながら「体験ライター」として日々の暮らしを発信している彼らに、団地暮らしの楽しみ方を聞きました。

第2位:2018年度の税制改正、ポイントを解説 住宅購入に関わる減税措置や特例の延長など写真/PIXTA

写真/PIXTA

2018年度の税制改正大綱が決定し、そのなかには住宅購入に関わる減税措置なども含まれていました。

新築住宅の購入に関する内容としては、「固定資産税の減額措置の延長」などがあります。その他に、長期優良住宅、マイホームの買い替えに関する特例の延長も。いずれも3月末までに確定する見通しですが、住宅を購入する予定がある方は情報をチェックしてみてくださいね。

第3位:あの人のお宅拝見[6]料理研究家・有元葉子邸、建築家の娘がリノベーションで実現したキッチン・オリエンテッドな住まい写真撮影/片山貴博

写真撮影/片山貴博

暮らしを楽しむ達人を訪問する連載【あの人のお宅拝見】 の第6弾。今回は、洗練されたライフスタイルが人気の料理研究家 有元葉子さんのお宅。建築家である娘さんが設計したという有元邸は、築30年のマンションをフルリノベーションした、まるでショールームのようなすてきな空間。キッチンが中心にある「キッチン・オリエンテッド」な住まいとは、どのようなものなのでしょう?

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。