体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【朗報】伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)が復活 / YouTube動画の収益はすべて寄付する神っぷり

syamu

突如として世の中から姿を消していた、伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)氏。本名は浜崎順平さんで、1984年3月4日生まれの広島県出身。笑顔とノリノリのアクションが人気のユーチューバーで、世界中に多くのファンがいる。そんな彼が復活したのだから、ファンが歓喜しないはずがない。

・ひきこもり支援施設でボランティア活動
彼は2018年1月26日に突如として、代理人を立ててTwitterを開始。YouTubeも開始しており、いま現在は、ひきこもり支援施設でボランティア活動をしているとのこと。ユーチューバーだった彼がボランティア活動をしていたとは驚きだ。以下は、Syamu氏のコメントである。

・Syamu氏のTwitterコメント
「お久しぶりです。シャムです。 僕は今、ひきこもり支援施設に通い、ボランティア活動をしています。 主な活動内容は、喫茶店やバザー運営の手伝いなどをしています。 僕は将来、ひきこもりの方やひきこもりを子に持つ親の支援をしたいと考えています」

「そこで皆様には、僕が現在通っている施設への寄付をお願いしたいです。施設の方の承諾を得られるまでは、その施設名は伏せさせて頂きたいと思います。また後ほど詳細をツイート致します」

・Syamu氏の代理人コメント
「アカウント立ち上げた者です。シャムさんの自宅付近で、偶然シャムさんと出会いました。団地一周後そろそろ引き上げようかなぁとしていた時、こちらを窺う小柄な男性が・・。シャムさんだと分かった時は本当にびっくりしました」

「本人の希望でインターネットカフェに行き、復帰の予告をした次第です。何度も復帰を考えていたそうですが、ネットの環境が無い上、インターネットカフェに行くお金も無かったそうです」

「寄付については「自分の知名度を利用して、ひきこもりなど自分と同じ境遇にいる人を支援したい」という本人の強い希望です。動画の収益も全て寄付するみたいです」

お久しぶりです。シャムです。
僕は今、ひきこもり支援施設に通い、ボランティア活動をしています。
主な活動内容は、喫茶店やバザー運営の手伝いなどをしています。
僕は将来、ひきこもりの方やひきこもりを子に持つ親の支援をしたいと考えています。 続く pic.twitter.com/oazNm7daAE

— Syamu代理 (@syamu0224) 2018年1月26日

寄付については「自分の知名度を利用して、ひきこもりなど自分と同じ境遇にいる人を支援したい」という本人の強い希望です。動画の収益も全て寄付するみたいです。

— Syamu代理 (@syamu0224) 2018年1月26日

・収益がすべて施設に寄付される
なにより素晴らしいのは、彼のYouTube動画の収益がすべて施設に寄付されるとい点だ。視聴者の我々にとっても、動画を見て楽しみつつ、施設に寄付できるというなんとも嬉しい展開となる。

・Syamu氏の人気も絶大
ヒカキン、カブキン、ススル、デカキンなど、現役で大人気のユーチューバーはたくさんいるが、Syamu氏の人気も絶大。今後彼がどのような動画を掲載していくのか、今から楽しみでならない。

もっと詳しく読む: 伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)が復活 / 世界中のファンが大歓喜(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/26/syamu/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。