体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MUSA RECORDS、新時代のマネジメントへ。第1弾アーティストは大竹佑季!

1969年12月の会社創設時から、森山良子、DREAMS COME TRUE、Cocco、冨田ラボ・冨田恵一、畠山美由紀など数多くのマネジメントを行なってきたMSエンタテインメントが、2019年に創設50周年を迎える。その節目の年に、新機軸となるレーベル事業「MUSA RECORDS(ムーサ・レコーズ)」を開始する。MUSA RECORDSは、MSエンタテインメントが長年のマネジメント事業で培った人脈、ノウハウと独自の視点を活かし、従来の制作、宣伝、販売にこだわらない全方位型アプローチを可能にするプロジェクトチームで、映像クリエイター、デザイナー、編集者、楽曲制作陣など少数精鋭のチームで編成される。
大竹佑季 (okmusic UP's)

その第一弾として発表されたアーティストが大竹佑季(オオタケユキ)。圧倒的な歌唱表現力、いわば“音楽のチカラ”を主軸に置きながらも、脚本などの執筆活動、ナレーション業、女優業など、大竹佑季が持つポテンシャルにも焦点を当て、マーケティング、ブランディングの目線で国内外全方位にアプローチする。この度、「MOONLIGHT」のティザー映像が公開となっているので、ぜひチェックしてほしい。

“CDが売れない時代”と言われて久しい昨今。“CDを売る”ことのみに注力するのではなく、“アーティストをブランドとして捉えること”“アーティストというブランドを愛してもらうこと”が重要だと考えるMUSA RECORDS。デジタル、アナログそれぞれの利点を考察し、それを上手く活用しながら“新時代のアーティストマネジメントのアプローチ”を築いていく。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。