体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Kalafina 10年分の軌跡とここから続く未来を示した武道館公演

Kalafina 10年分の軌跡とここから続く未来を示した武道館公演

 Kalafinaが、2018年1月23日に10周年を記念した1日限りの武道館公演【Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018】を開催した。

Kalafina ライブ写真(全4枚)

 関東地方が記録的大雪に見舞われた翌日1月23日はデビュー日。会場は限界まで客席を解放しており、そのすべてが年齢層の幅広いファンでいっぱいとなった。ステージセットはいたってシンプル。上手と下手それぞれの後ろに大きな2組のフラッグが交差した状態で立っており、オープニングSEと共に、そのフラッグが徐々に広がっていく。そこには刻み込んだような「X」という文字が描かれていた。

 今回のライブは、10周年という節目を共に作り上げたいというメンバーの想いから、ファン投票による演奏希望曲の上位楽曲で構成された。幻想的なライトが降り注ぐなか、Wakana、Keiko、Hikaruがセンターに登場し、「ring your bell」が厳かに響き始める。ちょっぴり声音と表情に緊張の色を湛えながらも、3人はていねいにハーモニーを紡いでいき、歌が進むに連れてどんどん表情も柔らかくなっていく。最後、Wakanaの高音が天まで届くかのように伸び、Keikoが万感の想いを届けるように両手を大きく広げ、瞳を輝かせながら客席を見渡し、ゆっくりと頷いた。

 続く「未来」では、観客から手拍子が起こる。それに乗せて歌が躍動し、ライブは熱を帯びていく。「皆さんからリクエストいただいた大切な1曲1曲を心込めてお届けできる1日にしたいなと思っております。まずは少し懐かしい曲から。“lirica”」というKeikoの言葉を合図に照明がふっと落ち、KeikoとWakanaのハーモニーが美しく、もの悲しく響き始めた。

 ギターの疾走感溢れるイントロが鳴った瞬間に拍子と歓声が上がった「sprinter」では、圧巻の歌唱を轟かせるKalafinaに、思わず立ち上がって快哉を叫ぶファンの姿も多数見受けられ、デビュー曲「oblivious」はグループ誕生のきっかけである『空の境界』の特別編集映像とのコラボレーションで届けられ、Kalafinaならではの演出に場内は大いに湧いていた。

 さらに、梶浦音楽の特徴のひとつであるダークファンタジーの世界にどっぷりと浸れた「red moon」では、声の持つ透明感と爆発するエモーションが絶妙なバランスを見せるHikaru、一言一言に魂を込め立体感のある低音を響かせるKeiko、天からの音楽のような神々しい高音を奏でるWakanaという一人ひとりの個性がほとばしる。3人の歌声が重層的に「red moon」というタペストリーを織り紡いでいるようだった。

 MCはいつもより格段に少なく、アンコールもない。「その時間もすべてみなさんと一緒に選んだ音楽を届ける時間にしたかった」と言うKeikoの言葉に、HikaruとWakanaが何度も深く頷く。「10th Anniversary LIVE、最後の曲を。「たくさんのみなさんが選んでくれた曲です」と、「アレルヤ」のストリングスが静かに流れ始める。笑顔のKeikoが、芯の強さと穏やかな明るさを湛えた歌声で、ひとりひとりに手渡しをするようなていねいさをもって気持ちを届けてくれるのがわかる。ステージのフラッグが大きくはためき、10年分の軌跡と成長、進化、ここから続く未来を祝福しているようだった。

関連記事リンク(外部サイト)

Kalafina「詰め詰めのセットリストにしました…」 世界遺産“日光東照宮”ライブで素敵な14曲を披露
Kalafina、ニュー・シングル『百火撩乱』を発表&来年のデビュー10周年記念日には武道館ワンマン
Kalafina 『百火撩乱』リリース記念インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy