体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教会で偶然立ち会えた奇跡に思わず涙…インスタグラマーが見つけたオロモウツ・ミクロフの魅力

みなさま、こんにちは!フリーランスフォトグラファーのwacameraです。

教会で偶然立ち会えた奇跡に思わず涙…インスタグラマーが見つけたオロモウツ・ミクロフの魅力

wacamera

フリーランスフォトグラファー。ブライダル、キッズ、ファミリーの人物撮影や商品撮影に携わる。趣味ではシルエット写真を得意とし、メルヘンファンタジーをテーマとした写真をinstagramにて配信。現在では、15万人以上ものフォロワーを抱えるインスタグラマーとしても活躍。
@wacamera:https://www.instagram.com/wacamera/

前回のリトミシュル編に引き続き、今回はオロモウツという街を紹介していきますね。チェコの街の名前はプラハ以外に日本人になかなか馴染みがないかもしれません。ここ、オロモウツはチェコの第5の都市。人口は10万人、リトミシュルの10倍!なんです。

 

クリスマスモードのオロモウツを街歩き

街中を少し歩くとたくさんの銅像を見ることができます。この広場は市庁舎のそばにあり夏は噴水になっているようで、ここには亀やイルカの彫像がありました。海のないチェコですが、これはオロモウツ出身の彫刻家が子ども達のために、と作ったようで実際にこんな風に子ども達が楽しそうに遊んでいました。

イルカの尻尾には魚が貫通…しかもよく見ると硬貨のような模様がついていました。

この広場では、この時期クリスマスマーケットが開催されています。実は私、クリスマスマーケットに来るのが楽しみで楽しみで。ホットワインを飲みながらブラブラと、キラキラしたお店の中を覗く、そんな夢のような時間を過ごせると思うだけでとても幸せな気分になります。ちなみにクリスマスマーケットは昼間も開催されていますよ。

ろうそく、オーナメント、マフラーや帽子の他にも食べ物やホットワインのお店、家庭用品、アクセサリーを売っていたりと一周してもまだまだ見飽きません。

夜にはこんなに華やかで暖かな光が灯るんです。私はこのオーナメントショップが気に入って30分もこの前で撮影していました。人気のお店で、なかなか人が少なくなることがなくずっと賑わっていましたが、一瞬途切れた時に一枚!毎日通いたくなるクリスマスマーケットでした。

 

ひときわ目を引く聖ヴァーツラフ教会

チェコにはどの街にも至る所に教会があります。しかしチェコの人々の多くは無宗教。なんとなく、社寺仏閣が多いのに無宗教な人が多い日本に似ているなーと思いました。実は私、教会が大好き。特にクリスチャンだということではないのですが、10歳から15歳まで自分が好きで教会に通っていました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会