体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JUJUはイタコ体質…!? 小学生時代に起きた事件

JUJUはイタコ体質…!? 小学生時代に起きた事件
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。1月24日(水)のオンエアでは、ゲストにJUJUさんをお迎えしました。

「JUJU大ファン」を公言する西沢。終始爆笑トークで盛り上がりましたが、この日リリースされたシングル「東京」について絶賛する中で、話題にのぼったのがJUJUさんの歌へ入り込む体質についてでした。

西沢:これは、作った人には申し訳ないんだけどアカペラで聴きたい。
JUJU:ああ是非、またリミックスしてください(笑)。
西沢:聴くと、音に隠れてる歌の強弱とか声を絞ったときの安定感とか「やっぱプロは違うな」と良くわかるんですよね。アカペラ入れた方がいいよ。
JUJU:じゃあ、すいません、今日発売したヤツ、回収しまーす(笑)。
西沢:(笑)。これ飲み屋で覚えた歌なんでしょう。
JUJU:そうでしょうね。色々な人たちの人間ドラマをみながら、私も人間ドラマに巻き込まれながら…。
西沢:感情で歌っているよね。
JUJU:うーん、でもレコーディングのときは私は語り部でありたいので、あんまり自分の主観ではなくて、その物語の主人公には添おうとは思ってるんです。私の気持ちでは歌わないようにしています。
西沢:きっと語り部じゃなくてイタコなんだな。
JUJU:それ本当に! イタコ体質になったのは小学生の時で、国語の本読みをしているときに、おばあさんが“キタ”ことがあって(笑)。キタキツネと暮らしてるおじいさんとおばあさんがいて、その地域を開拓しようとするディベロッパーが攻め込んでくるんです。そのディベロッパーたちがキタキツネを駆逐しようとする場面だと思うんですけど、「駄目じゃ、キツネを大切にしなければ!」というセリフで「駄目じゃ!」(感情を込めて)ってのがキちゃって、声も平泉成さんみたいな。びっくりして。教室も騒然としてました。

その後も「レコーディングは歌入れは1時間位。あまり歌い込まない方がいい場合が多い」など、JUJUさんの歌手として歌入れへの臨み方などについて白熱したトークが続きました。

そんなJUJUさんですが2月21日(水)には7枚目となるニューアルバム「I」をリリース、平井堅さん、小田和正さんなどの大物アーティストによる提供曲なども収録されるそうです。また4月から全国44公演の全国ホールツアーもスタートします。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会