体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

指紋認証埋め込みのスマホ、中国Vivoが一番乗り! 2月1日から出荷

中国のスマホメーカーVivoは、満を持して世界初となる指紋認証センサーをディスプレイに埋め込んだスマホ「X20 Plus UD」を発表した。

まずは中国国内での販売となり、価格は3598元(約6万2000円)。2月1日から出荷される。

・必要なときセンサー出現

米国のセンサー企業Synapticsの「Clear ID」技術を採用。Clear IDではディスプレイの中に指紋センサーを埋め込むことができるので、ベゼル部分を少なくできるのが特徴だ。

実際、X20 Plus UDのディスプレイは6.43インチと、ユーザーは大きな画面を楽しめる。

普段は指紋認証のボタンは隠れていて、スクリーンのロック解除やモバイル支払いなど必要になった時にだけ浮かび上がる仕組み。

・デュアルカメラ搭載

X20 Plus UDのスペックは昨年発売されたX20 Plusと、指紋認証の点を除きほぼ同じだ。AMOLEDディスプレイを採用し、解像度は2160×1080ピクセル。デュアル12メガピクセルカメラを搭載する。

OSはAndroid7.1.1で、RAM4GB、ストレージ64GB。バッテリー容量は3906mAhとなっている。

中国外での発売については今のところ情報はないが、Synaptics社はClear ID技術について「スマホOEMトップ5社に出荷する」と言及しているだけに、他メーカーから同技術搭載のスマホが出てきてもおかしくなさそうだ。

Vivo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。