体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通取締り用の覆面パトカーの外観に大きな変化

交通取締り用の覆面パトカーの外観に大きな変化

覆面パトカーも白黒パトカーも圧倒的に多いのがトヨタ・クラウン。覆面パトカーの主流は200系クラウンですが、210系クラウンも見かけるようになっています。じつは210系になってパトカーの外観に大きな違いが現れました。交通取り締まり用の覆面パトカーの外観も大きく変わったのです。

覆面パトカーもアスリートを採用

これまでのクラウン白黒パトカーは、交通取り締まり用とで無線警ら用で同じロイヤルをベースに、エンジンをそれぞれ3,000ccと2,500ccとしていました。このため、車体のデザインはほぼ同じ。赤色灯の下にある白いボックスがあるかないかで判別するのが一般的です。

それが210系クラウンからはロイヤルに2,500ccまでしか設定がありません。このため、交通取り締まり用には3,500ccの設定のあるクラウンアスリートを使用。フロントグリルなど外観上のデザインが大きく違っているのです。

そして、交通取り締まり用の覆面パトカーもこれに準じて、210系クラウンではアスリートを採用しているというわけ。今後は外観がかなり攻撃的なデザインとなったクラウンの覆面パトカーが続々と投入されることになります。

このほか、3,500ccのエンジンを搭載するトヨタ・マークXも覆面パトカーに採用されています。交通取り締まり用の覆面パトカーの外観は、どんどんコワモテになっていくという大きな変化がおこっているのです。

覆面パトカーのフタの確認は難しい

そんな覆面パトカーを見分けるポイントは、ますます難しくなっているのが現状。外観で一般車と違っているのは、フロントグリル内の前面警光灯とルーフ上にある反転式赤色灯のフタです。

覆面パトカーの前面警光灯は追尾中やスピード計測中に点灯しますが、ふだんはよく目を凝らさないと確認できません。また、ルーフ上にあるフタも運転席が高いクルマからは確認可能ですが、乗用車から確認するのは難しいでしょう。

このほか、リアウィンドウの上に設置されたチョンマゲ型のユーロアンテナも覆面パトカーを見分けるポイント。ただし、都道府県警には屋外にアンテナを設置していないケースもあります。

その意味では、覆面パトカーに搭乗している青い制服の男性2人がもっとも見分けやすいポイントかもしれません。ヘルメットをかぶって搭乗していることもあるので、追い抜くときの車内に注目してみましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会