体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

シャトー・メルシャンは、長い歴史を持った「日本ワインの原点」ともいえるブランドです。

「良いワインとはその土地の気候・風土・生産者によって育まれるブドウの個性を、素直に表現したものである」という信念のもと、日本のワインでしか表現できない個性を追求しています。

今回は、旅行好きにおすすめのメルシャンワインをご紹介いたします。

 

シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 750ml

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 750ml [日本/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
posted with カエレバ

メルシャン

Amazon
楽天市場

福島県および長野県産のシャルドネを主体として、シャープな酸味がすがすがしい山梨県産の甲州をアクセントに加えた、優雅な味わいの辛口白ワインです。

洋梨や白桃を思わせるフルーティーさと、柑橘系のすがすがしい香りが素晴らしい一本です。

 

メルシャン ラデラ ヴェルデ ペットボトル レッド 720ml

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

ラデラ・ヴェルデ レッド ペットボトル 720ml×12本 [チリ/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/12本]
posted with カエレバ

メルシャン

Amazon
楽天市場

チリ産のワインを使った、毎日手軽に楽しめるデイリーワインです。ベリー系の果実やスパイスの中に、バニラやトーストのニュアンスも感じる豊かな香りが特長で、毎日飲んでも飽きません。

この「ラデラ ヴェルデ」とは、スペイン語で「緑の丘」を意味するそうです。

 

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2014

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

シャトー・メルシャン マリコ ヴィンヤード メルロー 750ml
posted with カエレバ

シャトー・メルシャン

Amazon
楽天市場

世界のワインと日本のワイン、それぞれの産地の違いを尊重し、価値のある個性として認め、育み、成長してきたシャトー・メルシャン。

こちらは、ドライフルーツを思わせる香りと、果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。

 

シャトー・メルシャン マリコ ヴィンヤード シャルドネ 750ml

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

シャトー・メルシャン マリコ ヴィンヤード シャルドネ 750ml
posted with カエレバ

シャトー・メルシャン

Amazon
楽天市場

このワインは、椀子(マリコ)ヴィンヤード産のシャルドネを100%使用し、しっかりとしたミネラル感とボディが楽しめる一本です。

レモンやライムのような爽やかな柑橘系の豊かなアロマが感じられます。

 

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2014

海外旅行好きにおすすめのメルシャンワイン5選

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2014 赤 フルボディ Chateau Mercian Mariko Vineyard Omnis 2014 750ml ×1本 メルシャン[ワイン]
posted with カエレバ

メルシャン

Amazon
楽天市場

日本ワインらしい調和のとれた上品な味わいと、ぶどうが持つ力強さを兼ね備えたワインです。

青みがかった濃い赤が特徴で、カシス、ブラックベリー、ブルーベリーなど黒い果実の豊かな香りと、、ヴァニラやスパイスのような香りが魅力です。

 

日本国民に愛される、誇り高きメルシャンワイン

いかがでしたか?日本で最初に誕生した民間のワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツとするワイナリー・メルシャンは、日本人の舌に合う、おいしいワインを生み出し続ける、まさに日本のワインのパイオニアと言えるでしょう。

今回ご紹介した商品はどれもおすすめのものばかりですので、いろいろ挑戦してみて、お気に入りを見つけてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

海外旅行好きにおすすめのアルパカワイン5選
安くて美味しい!おすすめのフィリピンビール4選
旅行好きにおすすめのオーストラリアワイン7選
海外旅行好きにおすすめのシャンパーニュ5選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。