体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宝塚花組『ポーの一族』千秋楽 全国劇場へライブ中継決定

 萩尾望都の漫画『ポーの一族』を原作にした、宝塚歌劇団花組によるミュージカル作品千秋楽の模様が、全国各地、香港、台湾の映画館でライブ・ビューイングされることが決定した。「宝塚歌劇 花組東京宝塚劇場公演『ポーの一族』千秋楽 ライブ中継」として上映される。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 『ポーの一族』は、1972年に「別冊少女コミック」に1作目を発表以来、少女漫画の枠を超え幅広い層の読者に愛されてきた、萩尾望都による不朽の名作。そして、作品に魅了された宝塚歌劇団・演出家の小池修一郎が、1985年に「いつか舞台化させて欲しい」と申し出て以来、30年余の時を経てついに舞台化が実現したもの。

 本拠地、兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場では2018年1月1日より公演が行われ、永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”に加わった主人公・エドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマンの世界を、「宝塚歌劇だからこそできた」と言わしめるほどの圧倒的美しさで再現している。

 各地の劇場にライブ中継されるのは、2018年3月25日に上演される、東京宝塚劇場公演『ポーの一族』千秋楽。15:30開演(開場時間は各劇場によって異なる)で、チケットは4,600円(全席指定/税込)。チケット先行抽選販売は1月27日11時~2月19日(月)12時まで行われ、一般発売は3月10日11時~3月23日12時にかけて行われる。

【公演】
ミュージカル・ゴシック 『ポーの一族』
原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

【出演】
宝塚歌劇 花組
明日海 りお 仙名 彩世 ほか

(C)宝塚歌劇団 (C)TAKARAZUKA Creative Arts

関連記事リンク(外部サイト)

業界初!comicoと白泉社のマンガアプリで同時連載するコラボまんが賞開催
『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』少年ジャンプ+で2018年春に再始動
「進撃の咳エチケット」厚生労働省と『進撃の巨人』がコラボ!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会