体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Facebook、新たな時間の最小単位「Flick」を発表!映像フォーマットでの時間管理がより楽に

米国時間1月22日、Facebookから新たな時間の単位「Flick」が発表された。

・ナノ秒よりわずかに長い時間単位

GitHubの解説によると、1Flickは、7億5600万分の1秒。C++において、最も小さい時間単位のナノ秒よりわずかに長い、“最小時間単位”になるのだそう。ちなみに、1ナノ秒は10億分の1秒で、Flickは、およそ1億4172万3356ナノ秒となる。

同社がこのような単位を設けたのは、メディアコンテンツのフレームレートやサンプリングレートをより扱いやすくし、プログラマーの仕事を楽にするため。素人から見れば1秒は一瞬だが、専門職の人々にとってこの時間は貴重だ。動画で1秒間に使われる静止画の枚数を表すフレームレートでは、この値が大きいほど動きが滑らかになる。単位が長ければ長くなるほど、扱うコンテンツの精度は高くなるのだ。

・さまざまなフォーマットの時間管理がより楽に

Christopher Horvath氏によって考案されたこの単位は、さまざまなフレームレートの動画や、周波数音声フォーマットでの時間管理を、今より容易にするという。しかし、これはあくまで、そうした気遣いが必要な作業に従事している人向けの話。気ままに動画を撮る素人さんには、あまり関係のないことかもしれない。

souce by  THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会