体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

違う世界が見えてくる。「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち

上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/ LukeMaximoBell

近年、世界中で愛好家を増やしてるドローン(無人航空機)。上空から写真を撮ることもできるので、「ドローン写真」に特化した愛好者サイト「Dronestagram」も誕生しているほどです。その「Dronestagram」が第4回目になる「国際ドローン写真コンテスト2017」を開催し、入賞作品を発表しました。「自然部門」「人物部門」「街部門」の3部門に分かれている入賞作をご紹介します。

自然部門(Category Nature)

・自然部門1位「Provence, summer trim」
上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/jcourtial

自然部門でトップに選ばれたのは、フランスのプロヴァンス地方で撮影された一枚。一面に広がるラベンダーを収穫している風景です。パープルの畑に一筋だけのびるグリーンのラインが印象的です。

・自然部門2位「Infinite Road to Transylvania (2)」
上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/ Calin Stan

ルーマニアのトランシルヴァニア地方で撮影された画像が2位にランクイン。トランシルヴァニアといえば、吸血鬼「ドラキュラ伯爵」の伝説で知られる場所です。この道は、彼の故郷に繋がっているのだとか。吸血鬼はコウモリに姿を変えることもできるという説もあるので、もしかしたらドラキュラも同じ風景を見たかもしれませんね!

・自然部門3位「Ice formation」
上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/ Florian Ledoux

3位に選ばれたのは、2017年2月の東グリーンランドで撮影された海氷の写真。本来ならもっと厚い氷が形成されていなければいけないのに、フレーク状の氷しか見受けられません。気候変動の影響を垣間見ることができる貴重な一枚でもあります。

次は「人物部門」です。

人物部門(Category People)

・人物部門1位「END OF THE LINE」
上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/ zekedrone

人物部門1位に輝いたのは、「あっ、危ない!」と思わず叫んでしまいそうな一枚。でもご安心を。ビルから落ちそうに見えるのは、コートに横たわる男性なのです。上からの視覚を上手に利用した、ユニークな作品です。

・人物部門2位「waterlily」
上空からこんにちは!「国際ドローン写真コンテスト」入賞作品たち
(c) dronestagram/ helios1412

ベトナム南部のメコンデルタで蓮の収穫をする女性の写真が、人物部門2位にランクイン。木のボート、女性の笠、蓮の葉や中央に集められたピンクの蓮の花など、すべてのアイテムのバランスが完ぺきな一枚です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会