体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTTPリクエストを簡単に!npm requestを使う方法【初心者向け】

今回は、npm requestについて解説します。

HTTPリクエストを簡単に行いたい場合に参考にしてみてください。実際にrequestをインストールして使う手順を書いているので、自身でも書きながら理解していきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのNode.jsオンライン講座の内容をもとに作成しています。

 

npm requestとは

npm requestとは、npmを利用して利用することができるHTTPリクエスト機能です。

HTTPリクエストとは、HTTPは Hypertext Transfer Protocol (ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)を要求することです。

ハイパーテキストとは、HTMLファイルです。トランスファーは、受け渡しを意味し、プロトコルは決まり事で、規約とも呼ばれます。

つまり、HTTPリクエストとはHTMLファイルの受け渡し上の規約と言う事です。

npm requestを利用することでこのHTML受け渡しの機能を簡単に利用できます。

npmとは、Node.jsのパッケージマネージャです。

 

npm requestを使う方法

インストールコマンド

npm install request

解説

npm install requestでnpmを利用したrequestモジュールのインストールが可能です。

npm installについての記事も合わせて参考にしてみて下さい。

 

HTTPリクエスト方法

ソースコード

var request = require(‘request’);
request.get(‘http://techacademy.jp’, function(err, res, body) {
if (err) {
console.log(‘Error: ‘ + err.message);
return;
}
console.log(body);
});

 

実行結果

テックアカデミーのソースコードが表示されます。

 

解説

1行目の、var request = require(‘request’);では、requireを利用してrequestモジュールを呼び出しています。

2行目の、request.get(‘http://techacademy.jp’, function(err, res, body) {では、http://techacademy.jpというURLをパラメーターとしてページ情報を取得しています。

3行目の、if (err) {では、2行目の処理がエラーだった場合の条件を指定しています。

4行目の、console.log(‘Error: ‘ + err.message);では、3行目の条件に当てはまる場合エラーメッセージを表示する処理をしています。

5行目の、return;では、4行目のエラー表示後処理を終了する処理をしています。

6行目の、}では、3行目の処理を終了しています。

7行目の、console.log(body);では、2行目の処理で無事データリクエストが完了しページデータを取得できた場合に、データを表示結果のように表示しています。

8行目の、});では、2行目の処理を終了しています。

 

今回は、npm requestについて解説しました。

HTTPリクエストを行う際にぜひ参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Node.jsオンライン講座を開催しています。

Node.jsを使ってWebアプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。