体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小袋成彬デビューについて「あんまり喋りたくない」?

小袋成彬デビューについて「あんまり喋りたくない」?
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。1月19日(金)のオンエアでは、メジャーデビューを明らかにした小袋自身の曲のほか、多数の曲を紹介しました。

「ご存知かどうか分からないんですけど、デビューするんですよ、4月に」と切り出した小袋。すかさず「今日はプロデューサーの誕生日じゃないですか? 1月19日。おめでとうございます」と、小袋のデビュー作でプロデューサーを務めている宇多田ヒカルさんにさり気ないお祝いの言葉を送るとともに「また彼女が来てくれたら嬉しいですね」と番組へのゲスト出演のリクエストにもとれる発言が飛び出しました。

番組では配信リリースされたばかりの「Lonely One feat.宇多田ヒカル」をオンエア。この曲について「後半のピアノはですね、ハンス・ジマーのピアノ音源を使いました。それが一番ハマりが良かったので。弾いてるのは僕です。これだけではアルバムは語れないので、出たらぜひ聴いてください」と言葉少なめに自身の曲についてコメントしました。

さらにスキマスイッチ「冬の口笛」をオンエア。この曲について小袋は「スキマスイッチさんの歴史ってオーケストレーションの歴史なんですよ。どんどん複雑になっていく。『夕風ブレンド』ってアルバムがあるんですけど、J-POP史上最高のオーケストレーションだと思います。(番組で)邦楽をかけたの、2曲目じゃないですか? 1年の歴史の中で…。ちなみに僕のアルバムのエンジニアは、スキマスイッチさんのレコーディングのアシスタントに何度かついたことがあるらしくて、僕の好きな歌は彼が録っていたそうです。びっくりですよ。何かご縁があるんですね」とコメントしました。

番組後半では、今週あまりトークをしなかったことに触れ、「今週なんで喋らないかって、自分のデビューが出たばかりのラジオ一発目は、あんまり喋りたくないんですよね…そんなことはないですけど(笑)。ちゃんとスタンスは変わらず、このラジオは続けていきます。批評はせず、ただイイと思ったものだけをかける、というラジオにしたいと思います」と自身のデビューが決定しても番組は変わらないスタイルで、というポリシーを確認するように語りました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。