体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コブクロ、2018年第1弾SGリリース&2017年の全国ツアー映像化が決定

コブクロ、2018年第1弾SGリリース&2017年の全国ツアー映像化が決定

 コブクロが、約1年ぶりとなる2018年第1弾シングル(タイトル未定)を4月11日に発売する事が決定した。

 このシングルには、2017年の全国ツアーで初披露された楽曲「君になれ」に加え、小野薬品300周年のTVCMイメージソング「バトン」、さらにもう1曲の新曲が収録。初回限定盤には2017年10月にコブクロ自身初となる東京ドームのステージで演奏された大ヒットナンバー「蕾」のほか「君という名の翼」の同ツアーライブ音源などが5曲収録され、シングルでは過去最高トラック数となる全8曲収録の超豪華仕様となる。

 また、5月16日には、2017年11月4日に行われた全国ツアーの広島グリーンアリーナ公演の模様を収録したライブDVD&Blu-ray 【KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心” at 広島グリーンアリーナ】の発売が決定。そして5月26日からは2018年9月8日の結成20周年を目前に、初の小渕健太郎と黒田俊介の二人のみ(バンドメンバーなし)で全国を回るツアー【KOBUKURO LIVE TOUR 2018 supported by 三井住友VISAカード】が開催される予定となっている。

◎リリース情報
ニューシングル (タイトル未定)
2018/04/11 RELEASE
<初回限定盤>
WPCL-12858 1,800円(tax out)
ライブ音源(初回限定盤のみ)
「STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)」
「君という名の翼(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)」
「蒼く 優しく(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)」
「心(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)」
「蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)」
※曲順後日発表

<通常盤>
WPCL-12857 1,204円(tax out)
新曲3曲収録:
「君になれ」
「バトン」  小野薬品300周年TV-CMイメージソング
「タイトル未定」
*Instrumental 3曲収録
※曲順後日発表

◎リリース情報
DVD&Blu-ray 【KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心” at 広島グリーンアリーナ】
2018/5/16 RELEASE
<初回限定盤 Blu-ray>
WPXL-90175 7,500円(tax out)
<通常盤 Blu-ray>
WPXL-90176 6,500円(tax out)
<初回限定盤 DVD>
WPBL-90469/70 6,500円(tax out)
<通常盤 DVD>
WPBL-90471/72 5,500円(tax out)

◎ツアー情報
【KOBUKURO LIVE TOUR 2018 supported by 三井住友VISAカード】
2018年5月26日(土)静岡・静岡エコパアリーナ
2018年5月27日(日)静岡・静岡エコパアリーナ
2018年6月2日(土)神奈川・横浜アリーナ
2018年6月3日(日)神奈川・横浜アリーナ
2018年6月16日(土)福岡・福岡マリンメッセ
2018年6月17日(日)福岡・福岡マリンメッセ
2018年6月23日(土)広島・広島グリーンアリーナ
2018年6月24日(日)広島・広島グリーンアリーナ
2018年7月4日(水)愛知・名古屋ガイシホール
2018年7月5日(木)愛知・名古屋ガイシホール
2018年7月14日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2018年7月15日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2018年7月21日(土)大阪・京セラドーム
2018年7月22日(日)大阪・京セラドーム
企画:ミノスケ オフィス・コブクロ
協賛:三井住友VISAカード

関連記事リンク(外部サイト)

古澤 剛、コブクロ・小渕健太郎との共演曲「天の川」発売決定
コブクロの“心”が詰め込まれた全国ツアー、たまアリにてファイナル公演! 感動に包まれるスタンディングオベーションも
『関ジャム完全燃SHOW』コブクロの音マニアぶりにスタジオ唖然、名曲「風」の豪華セッションも

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。