体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

yonige、au『三太郎シリーズ』TVCMソング「笑おう」MV公開

yonige、au『三太郎シリーズ』TVCMソング「笑おう」MV公開

 yonigeによるau『三太郎シリーズ』TVCMソング「笑おう」のミュージック・ビデオが公開された。

 「笑おう」は、2017年12月31日より同CMと共にオンエアがスタート。アーティスト・クレジットが発表される前から反響を呼び、YouTubeにて公開されている同CMの再生回数は4週間で320万回を突破している。

 yonigeが編曲と歌唱を担当したこの「笑おう」は、アメリカ民謡「聖者の行進」をアレンジした楽曲。作詞は、これまで同CMシリーズで起用されてきたAI「みんながみんな英雄」、WANIMA「やってみよう」などを手掛けた篠原誠が担当した。篠原とyonigeの牛丸ありさ(Vo/Gt)からはコメントも届いている。

 同時に、auの音楽サービス『うたパス』にて「笑おう」フルバージョンの限定配信もスタート。さらに、2018年2月3日からは“三太郎の日”特典として、auの音楽サービス『Music Store』にて、auユーザー限定で無料ダウンロードすることができる。

<CMプランナー 篠原誠 – コメント>
「聖者の行進」が、どんな風にアレンジされるのか。初めてデモを聞いた時、そんな想像は意味をなさないものになっていました。yonigeさんによって全く新しい、そして、はるかに期待を超える曲になっていたからです。この歌詞を書いた時、あまりにもポジティブすぎて、都合良すぎるからこそ、単なる「笑おう」と言う言葉が、虚しく聞こえるのではないかと心配していました。ところが、その歌声と曲によって、とても繊細でエモーショナルな部分が付加されて、「笑おう」と言う言葉に喜怒哀楽が含まれているかのように、仕上げていただけました。また、歌の途中にある、少し弱音を吐きたくなるような歌詞の部分を聞いた時に鳥肌が立ちました。まさにyonigeさんでしか創れない歌えない奏でられない歌だと思います。

<yonige 牛丸ありさ(Vo/Gt) – コメント>
人が書いた詞を歌うのは初めて、詞から曲を作るのも初めてで、新しい経験をいっぱいさせてもらえました。スケジュールがかつかつで精神的に追い込まれていたので、ボーカル録りをしている時にこの詞に励まされました(笑)今年は小難しいことを考えずに、全部笑い飛ばしたいです。

◎yonige『笑おう』フルバージョン ミュージックビデオ
https://youtu.be/RrAr388jvC0

関連記事リンク(外部サイト)

yonige、楳図かずお「洗礼」とのコラボグッズ発売
WANIMA『Everybody!!』遂にリリース! TV CM/駅貼りポスターなど“エビバデ”参加型広告スタート
WANIMA、【Everybody!! Tour】に受験生100組200名を特別招待

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会