体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昔ながらの製法で作られたアイスと志るこ

1月25日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、江戸文化の専門家と一緒に古地図を頼りに上野周辺を巡ったコーナーの中で、「みつばち」(東京都文京区)が紹介された。同店は、地下鉄湯島駅からすぐの場所にある大正4年(1915年)創業の甘味処だ。

お店の名物として紹介された「小倉アイス」(500円)は、北海道産大納言小豆、砂糖、塩、水のみで作られた、素材の味を生かした1品。
スプーンですくって口に運んだ宮脇理恵子さんは「クリーミーというよりはサッパリとした、アイスクリームなんですけど、氷みたいな感じ」と、その食感にビックリ。
続いて4月末までの限定メニューとして紹介された「桜志るこ」(690円)は、北海道産大納言小豆を使用した餡に、白玉と桜の塩漬けを入れたものだ。
白玉をいただいた宮脇理恵子さんは「噛んだ時にまた塩がフワッと出てきますね。甘じょっぱい。最高に良いバランスですよ」と、こちらも大絶賛だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:みつばち(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:御徒町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:御徒町×カフェ・スイーツのお店一覧
ちょっと変わった精進料理の「もどき料理」
辛めのつゆでいただく「せいろう」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。