体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NASAが新技術を開発中!飛行途中に翼を曲げて超音速に!

空港に駐機している数々の飛行機を眺めると、主翼の先がほぼ垂直になっているものを見かける。これは燃費の改善が目的なのだという。

しかし、NASA(アメリカ航空宇宙局)がこのほど実施したのは、まっすぐな主翼の先の角度を飛行中に変えるテストフライト。より速く飛行でき、燃費アップも期待できるという。

・上下に70度曲がる!

この技術はSAW(Spanwise Adaptive Wing)と呼ばれる。翼を飛行中に曲げるという発想そのものは新しいものではないが、重い油圧システムなどを搭載する必要があった。

しかしNASAは油圧システムの代わりに形状記憶合金を採用。温めると自動で曲がる動きが始まるようになっていて、これにより翼を上下に70度曲げることができるのだという。

・3分で翼を折り曲げ

開発チームによると、フライトの途中で翼を曲げることで抗力を減らし、効率的に超音速スピードで飛ぶことができるとのこと。

今回行ったテストでは1回目のフライトで翼を下方に、2回目のフライトで上方に曲げることに成功した。折り曲げるのにかかった時間は3分。

しかし現在の技術では飛行中に一つの方向にしか翼を曲げられないため、今後はフライト中に上下どちらにも曲げられるようにするのが課題だ。チームは装置の改良を進め、今夏にも再びテストフライトを行うことにしている。

NASA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。