体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなの意見で板挟み状態だけど・・・、名づけに込めた私の想い

f:id:akasuguope01:20170916160410j:plain

私はフィリピン人の母と日本人の父の元に産まれたハーフです。主人は日本人なので、息子達はクォーターになります。それもあって、息子達の名づけはとても悩みました。

日本の名前にしようにも私の母に反対され、かといって海外の名前にしても主人の両親に反対される…。そんな板挟み状態だったのです。 関連記事:長男と次男では180度違った「名づけ」の方法。でもどちらにも共通していることがあった!

女の子なら平仮名でも可愛いと思っていたのですが、男の子ということもあり漢字で名づけたいと主人も言っていたので、漢字を使い、尚且つ私の母も呼びやすい名前という方向で検討していたのですが、全く思い浮かびません。

主人の両親は、「ぶんきち」「こうじ」「ふみお」等、日本よりの名前が多く、母のことを考えるとちょっと…という感じでした。私の母はというと「ジョン」「マイク」等、まさに外国人という名前ばかりで、一向に決まりません。

そんな中、私が当時好きだった海外映画にでていた主人公の名前が響きも良いし、私の中でとても呼びやすいイメージがあったので、興味がわきました。そして、名前の意味は何か調べてみたところ、聖書に由来することが判明。

私も母もカトリックなので、聖書の登場人物の名前ということで、母も気に入ってくれました。名前の中に「雲」という漢字を使いました。当て字になってしまいましたが、心をこめて名づけました。主人の両親はあまり賛成ではなかったようですが、時間が経つにつれ受け入れてくれるようになりました。 関連記事:うちの両家はあっさり系。干渉してこないのは楽だけど…。戸惑いばかりの妊娠から初節句まで

そして次男を妊娠時、私達夫婦はてっきり女の子だと思っていて、女の子の名前しか考えていませんでした。「ミア」という名前にしようとずっと決めていたのですが、まさかの男児ということが判明。女の子の名前しか考えていなかったので、まるで振り出しに戻ったかのように、毎日毎日どんな名前にしようか考えました。

候補を3つ上げて母に聞いたところ、一つの候補に賛成してくれました。そして、次男の名前にも「雲」という字をいれることにしました。

2人とも「雲」という字を入れたのは、心を込めた想いがあります。

私が小さい頃、母は色んな話をしてくれました。その中の一つが天気の話で、晴れているときはみんなが笑っているときで、雨の日は悲しんでいる人が多い日、雲りの日は悲しい気持ちを楽しい気持ちに変えようと努力している人が多い日と言っていました。

私は、努力を怠らず、楽しいことも悲しいことも沢山経験して、悲しいことや辛いことがあっても、泣いてばかりいないで立ち直れる勇気を持てるようになって欲しいという思いを込めて、「雲」という字を使った名前を名づけたのです。

当て字ですし、呼び名も人によっては賛否両論あるとは思いますが、息子達がせまい世界観にとらわれずに、大きな世界で新しいことにどんどん挑戦していって欲しいなと思っています。

f:id:akasuguope01:20170916060611j:plain

著者:木村えま

年齢:21歳

子どもの年齢:2歳3ヶ月、7ヶ月

2歳3ヶ月、7ヶ月の年子兄弟のママです!10代で妊娠、出産と早くに子供を授かり、日々、育児に家事に仕事と目まぐるしい毎日を送っていますが、子供達に癒され励まされ、育児に奮闘中です!沢山の方々と、色んな情報を共有できたら良いなと思います、よろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

あれこれ迷っちゃう名づけ。夫婦ともに大満足の名前を考えられたその方法とは…
名前を決めるまでに何度も何度も話し合った…苦労した名づけ
女の子の名づけは画数にこだわらなかった。私が優先したテーマとは

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。