体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語がサクサク話せる「3つの箱」の裏ワザとは?

英語がサクサク話せる「3つの箱」の裏ワザとは?

「いつまでたっても英語が話せるようにならない!」

「言いたいことが英語でうまく伝えられない!」

「英語を話すのが怖くて、苦手意識が消えない!」

仕事で必要になったり、海外旅行がきっかけで英語を学び直す人は多いですが、英単語をたくさん覚えても、いざという時になかなか口から出てこなかったりしますよね。

英語で伝えたいことを伝えるには、実は「ある決まった型」にあてはめるだけで十分。その「型」を覚えるだけで自然と英文が組み立てられる、簡単なテクニックを紹介しているのが『mini版日本一簡単なやり直し英語の教科書作ってみました。』(山西治男著、アスコム刊)です。

◆3つの箱の奥義!

「英語は3語で話せる」というノウハウが一時話題になりましたが、そもそも言いたいことが整理されていないと、3語にまとめることすら難しいもの。それだけでお手上げという人もいるはずです。

まずは言いたいことを英語に訳しやすい形に整理するために、本書では、「3つの箱」という考え方が有効だとしています。

たとえば「私の好きな動物はネコです」を英語にすると

My favorite animal is a cat.

となり、少々複雑ですが、言いたいことを3つの箱で整理すると

I like a cat.

だけになります。

つまり、英語でメッセージを伝えるために必要なのは

1)誰が

2)どうした

3)何を

の3つだけなのです。

他の例でもやってみましょう。

◆私はコンサートに行ってコンサートを楽しみました

「私はコンサートに行ってコンサートを楽しみました」

これもそのまま訳そうとすると

I went to the concert and I enjoyed the concert.

となりますが、言いたいことを整理すると、

「私は」

「コンサートを」

「楽しんだ」

ということ。つまり、

I enjoyed the concert.

この3つの要素だけで、肝心の部分は伝わります。

「○○のコンサートに行って楽しかった」と言いたいときは、

I enjoyed ○○concert.

でOKです。

◆英語は「誰が」「どうする」をはっきりさせる

「行く」

は英語で「Go」ですが、これだけでは誰が「行く」のかわからないので、「命令」とも受け取れてしまいます。主語を省略する日本語になれていると、英語でもやってしまいがちなのですが、英語では主語をはっきりさせないと思わぬ誤解を招くことも。

でも、「3つの箱」で整理し「誰が」「どうした」をはっきりさせて「I go. 」とすれば、聞いた相手もスッキリ!伝わる英語に。

ここではシンプルな英語で説明しましたが、難しい表現でも「誰が」「どうした」「何を」の3つで伝える構図は同じ。これさえ覚えていれば、日本語で考えていることをスムーズに英語に訳せるようになります。

本書では「3つの箱」で伝わる英会話のノウハウをさらに詳しく解説。「使える英語」をマスターしたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

定年退職後こそ英語を勉強すべき真の理由

「白羽の矢が立つ」は恐ろしい儀式が由来? 本当は怖かった「ことわざ」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。