体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シゴト脳を鍛える!現在もプレイ可能な伝説のゲーム9選

f:id:kensukesuzuki:20180124191348j:plain

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく「思い出のファミコン – The Human Side –」。

連載ではこれまでに、ネット界隈のキーパーソンやジャーナリスト、経済評論家にお笑い芸人など、10名の方にお話を伺ってきた。育った地域や年代は各人各様ながら、ファミコンで遊んだ思い出話を紐解いていくと、じつはそのときの体験が脈々と今の仕事観や信条の礎になっていることがわかった。

そこで今回は、「シゴト脳を鍛えられる」という観点からビジネスシーンに役立つ要素をもった作品を、筆者の独断と偏見で9作ピックアップしてみた。現在でも任天堂のゲーム機でダウンロードプレイできるものや、スマホでプレイできるものもあるので、ぜひお試しいただきたい。

(1)『バルーンファイト』 任天堂 1985年1月22日発売

風船を身につけたプレイヤーを操りながら、画面内の敵たちの風船を割り、ステージをクリアをしていくゲーム。Aボタンを押すと一度だけ羽ばたき、Bボタンを押し続けると連続で羽ばたくことができて、独特の浮遊感を体感できることが特徴。ささいなコントロールミスであっさり敵に風船を割られたり、華麗な流れ技で敵の風船を割って一気にクリアすることもできる。

自分の意志で動かしているにもかかわらず、思うようにコントロールしきれないあたりは、さしずめ組織に生きる会社員のようなもどかしさにも置き換えられる。忍耐力養成に。

f:id:kensukesuzuki:20180124192435j:plain

(ニンテンドー3DSおよびWii Uのバーチャルコンソールでダウンロードしてプレイ可)

(2)『レッキングクルー』 任天堂 1985年6月18日発売

おなじみマリオが解体屋として、手持ちのハンマーや設置されたダイナマイトを使いながら、ステージ内の壁をひたすら壊していくゲーム。壁を壊す順番を事前に考えながら進める必要があり、もし順番を間違えてしまうとすべての壁を壊しきれず手詰まりになってしまうこともある。さらにブラッキーという敵キャラがおせっかいで勝手に壁を壊してしまい、こちらのプランが崩れてしまうこともイラっとさせる要素だ。

まずは全体を見通し、どうすれば効率よく進めていけるかプラン立てて、障害となる敵をうまく回避しながらクリアを目指す、というのは仕事を進めていく基本所作でもあろう。計画性を鍛えるのに。

(ニンテンドー3DSおよびWii Uのバーチャルコンソールでダウンロードしてプレイ可)

(3)『バトルシティー』 ナムコ 1985年9月9日発売

プレイヤーは自らの戦車を動かし、次々と表れる敵軍の戦車を全滅させることでステージクリアをしていく画面固定型のシューティングゲーム。自軍の司令部が攻撃を受けるとゲームオーバーとなるため、ただ攻めるだけでなく、守りを考えながら行動しなければいけない。ステージが進むとさまざまな特性を持った敵戦車が出現し、トリッキーな地形も相まって、攻撃に夢中になっているとあっさり司令部を攻略されてしまうことがままある。

とくにこのゲームは二人同時プレイでその真価を発揮する。それぞれの役割分担と連携を考えて、敵を倒すという目標に突き進むことは、おそらくビジネスにおけるコンビネーション感覚を鍛えてくれるだろう。

f:id:kensukesuzuki:20180124192501j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy