体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲用できる水かどうかをすぐに確かめられるデバイス「TestDrop Pro」

日本をはじめ、先進国では飲み水が安全か、と心配する必要はほぼない。しかし、世界にはそうではない国が少なからずある。

そこでイスラエルのスタートアップLishtotが開発したのは、水が飲用できるかどうかを即座に確かめられる小型デバイス「TestDrop Pro」。水に直接浸けたりする必要はなく、透明な入れ物の外からかざすだけと誰でも使える手軽さだ。

・2秒で結果

TestDrop Proはキーホルダーほどのサイズで、ボタンを押しながら水の入ったカップやペットボトルの側面で上下に動かす。

するとものの2秒で結果が出る。飲用に適する場合は青いライト、適さない場合は赤いライトがともる。赤いライトは、鉛や大腸菌、殺虫剤などが含まれていることを意味する。

・電磁場を活用

では、どうやって安全性を判別するかというと、電磁場を活用してセンサーでそうした有害な物質の存在をとらえているのだという。

この技術は非常にセンシティブである一方で、塩やマグネシウムといった水に含まれていてもおかしくないものには反応しないとのこと。

TestDrop Proはクラウドなどにつなげなくても飲用できるかどうかがわかるが、Bluetoothでスマホに情報を送ることもできる。開発元は今後、水についてのデータをマップに集約して、共有できるようにしたい意向のようだ。

価格は49.95ドル(約5500円)と抑えめで、発展途上国などでの活用を想定している。

TestDrop Pro

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。