体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心

空き巣対策は玄関よりも窓!ガラス破りにご用心

空き巣対策というと、どうしても玄関ドアのカギにばかり意識が行きがち。しかし、昨今の情勢を見ていると、カギのセキュリティを高めるだけでは不十分。それというのも、現在、主に侵入窃盗犯に狙われるのは窓だから。空き巣対策は玄関よりも窓に注意が必要なのです。

空き巣はガラスを割る時に防音対策

空き巣が窓で狙うは当然ながらガラスです。多くの人のご想像通り、ガラスは割ってしまえば空き巣は簡単に家の中に入れてしまいます。

「ガラスなら割る時に大きな音がして目立つでしょう?」と思うかも知れません。しかし、研究心旺盛な空き巣たちはしっかりと防音対策を施しているのです。

まずガラス破りといっても、窓ガラスを全部割る必要はありません。窓の戸締まりに使う、クレセント錠に近い部分をコブシ大に割り、手や棒を使ってクレセント錠を下ろせば、普通に窓を開ける要領で中に入ることができます。

空き巣はクレセント錠を簡単に開ける

もちろん、コブシ大でもガラスを割れば確かに音は出るもの。しかし、ガラスにガムテープなどを貼って割れば「パリーン」や「ガシャーン」といった大きな音は出なくなります。

そして、窓に取り付けられたクレセント錠は、カギと呼ぶには余りにもセキュリティが脆弱。キーを持たずに開けられるからです。

これらを踏まえると、昼間など雨戸やシャッターをせずに外出してしまうことは極めて空き巣に対して危険な行為。空き巣はガラスを簡単に割ることができ、クレセント錠も簡単に下ろせてしまうからです。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会