体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『LiveFans』が年間観客動員ランキングを発表、1位は三代目&乃木坂46は初のトップ10入り

『LiveFans』が年間観客動員ランキングを発表、1位は三代目&乃木坂46は初のトップ10入り

 ライブファンズ株式会社が運営する音楽ライブ情報サービス『LiveFans』が、2017年の年間推定観客動員ランキングを発表した。調査は、『LiveFans』に登録されている2017年1月1日~2017年12月31日までに行われたライブ・コンサートを元に実施。

ランキングTOP30画像

 総合部門で1位となったのは、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE。公演数は37公演で、推定動員数は1,802,976人だった。ツアー【UNKNOWN METROPOLIZ】では、BIGBANGが昨年記録した年間動員数歴代最多記録を更新し、1ツアーでの東京ドーム公演数の最多記録(10公演)に並んだ。

 2位は、BIGBANG。21公演で推定動員数1,076,500人を記録した。3位は、関ジャニ∞。日本音楽界史上初となる1年に2度の5大ドーム・ツアーを開催。公演数は20公演で、推定動員数は989,238人を記録している。

 また、初のトップ10入りを果たしたのは、乃木坂46。公演数は43公演、推定動員数は496,758人を記録した。先日ベスト・アルバムをリリースしたアンダーメンバーによる全国ツアーや3期生公演、恒例の明治神宮球場公演や初の東京ドーム公演など、精力的なライブ活動を行っている。

 なお『LiveFans』は他に、『第2回ライブファンズ大賞』の最終結果も公開。『ライブファンズ大賞』は、 2017年のライブ・コンサートで最も輝いていたアーティストやライブをユーザーによる投票やレビュー、 サイトのアクセス数や、 『LiveFans』ユーザーの参加ライブ登録数、 ライブ動員力などから総合的に数値化し、各賞を決定して表彰するもの。最終結果は、『LiveFans』公式サイトにて見ることができる。

◎2017年 年間ライブ動員ランキング(総合)
・順位/アーティスト名/推定動員数/公演数
1位:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 1,802,976人 / 37公演
2位:BIGBANG 1,076,500人 / 21公演
3位:関ジャニ∞ 989,238人 / 20公演
4位:嵐 843,714人 / 18公演
5位:Hey! Say! JUMP 823,000人 / 37公演
6位:Mr.Children 792,614人 / 30公演
7位:東方神起 570,738人 / 11公演
8位:SHINee 558,238人 / 29公演
9位:AAA 541,600人 / 19公演
10位:乃木坂46 496,758人 / 43公演

関連記事リンク(外部サイト)

三代目 J Soul Brothersが東京ドーム3daysを追加発表、最多記録に並ぶ計10日間の開催へ
<ライブレポート>乃木坂46の東京ドーム公演に見た、グループの総力と未来の兆し
Mrs. GREEN APPLE 新SGダイジェスト映像公開! 本日1/25カップリングのフル初OA

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。