体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁

BRIAN SHINSEKAI、デビューアルバムから「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」MV解禁

 BRIAN SHINSEKAIが、フルカワユタカ氏(ex.DOPING PANDA)ギター参加の「東京ラビリンス ft. フルカワユタカ」ミュージックビデオをYouTubeのBRIAN SHINSEKAI公式チャンネルで公開した(https://youtu.be/DwZ3byaJMM0)。

BRIAN SHINSEKAI MV

 1月24日にデビューアルバム『Entree』(アントレ)をリリースしたBRIAN SHINSEKAI。「東京ラビリンスft. フルカワユタカ」は、シティポップと歌謡曲を掛け合わせた、BRIAN SHINSEKAIならではのサウンドと世界観を持つ一曲。アルバム全体を通して様々なシチュエーションで繰り広げられるストーリーの中でも、重要なキーとなる。

 今回のフルカワユタカ氏とのコラボレーションは、BRIAN SHINSEKAIのラブコールによって実現したもので、フルカワユタカならではのカッティングギターが楽曲を鮮やかに彩っている。また、本日公開された「東京ラビリンスft. フルカワユタカ」のミュージックビデオは、前作「トゥナイト」に引き続き、注目の若手クリエイター坪井隆寛氏が手掛ける。

 BRIAN SHINSEKAIは、80~90年代ポップスをベースに、実験的な音楽“ノスタルジックエレクトロ”を奏でるプロジェクト。アルバム収録曲をサブスクリプションサービス限定で5ヶ月連続で先行公開していくという国内初のリリース形式を発表し話題となっており、これまでも6曲を先行配信してきた。

◎BRIAN SHINSEKAIコメント
 シティポップ×歌謡曲をテーマに掲げて書きました。ダフトパンクfeatナイルロジャースから始まった、chicのようなソウルフルなエレクトロの日本版・オリエンタルなversionを作りたく、フルカワユタカさんにカッティングメインのギターで参加いただきました。ドライではなく、ウェットなシティポップ・AORとなったと思います。イントロのギターは、プリンスの「kiss」の追悼オマージュです。

◎リリース情報
BRIAN SHINSEKAIデビューアルバム『Entree』(アントレ)
2018/1/24 RELEASE
VICL-64870 2,593円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

実験的な音楽を奏でるBRIAN SHINSEKAI、来年1月にメジャーデビュー! 異例のデビューAL収録曲サブスク先行公開
新イベ【順不同vol.1】フルカワユタカ&ent(ホリエアツシ)出演
フルカワユタカ(ex.DOPING PANDA)新AL収録曲「サバク」あの盟友も出演のMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy