体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】AKB48、9thALが548,271枚で首位を独走 2位にユニゾンが続く

【先ヨミ】AKB48、9thALが548,271枚で首位を独走 2位にユニゾンが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2018年1月22日~1月24日までの集計が明らかとなり、AKB48『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』が現在首位を走っている。

 『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』は、『サムネイル』以来1年ぶりとなるAKB48通算9作目のアルバム。「シュートサイン」「願いごとの持ち腐れ」「#好きなんだ」「11月のアンクレット」のシングル曲などのほか、Type-A・Bでそれぞれ異なる新曲も収録されている。本作は初動3日間で548,271枚を売り上げ2位以下に大差をつけており、次週発表の週間結果でも首位は固いところだろう。

 2位は、UNISON SQUARE GARDENの7thアルバム『MODE MOOD MODE』。初動3日間ですでに24,822枚を売り上げている本作だが、一部のアニメタイアップ曲などを除き、曲順や曲タイトルはCD発売1週間後まで公式解禁がされないというプロモーションが初週のセールスにどう影響するのか注目したい。

 そして、4位につけているのはWANIMAの『Everybody!!』。リリース2週目にして週の前半で12,987枚を売り上げ、現在の発売以来累計は148,434枚となっているため週間結果では15万枚を突破する可能性が高い。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2018年1月22日~1月24日までの集計)
1位『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』AKB48 548,271枚
2位『MODE MOOD MODE』UNISON SQUARE GARDEN 24,822枚
3位『Winter Sleep』JUNHO(From 2PM) 15,478枚
4位『Everybody!!』WANIMA 12,987枚
5位『新世紀えぴっくすたぁネ申』エピッククエスト 10,552枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【AKB48グループリクエストアワー2018】全公演の舞台裏をSHOWROOMで生配信決定
AKB48グループによるTDCホール9日連続公演がスタート、中野センター「野蛮な求愛」も初披露
AKB48グループが成人式、向井地「夢を追い続ける1年でありたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。