体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人でも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で驚きのお得価格に!【1月31日まで】

ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
仕事帰りにふらっと寄って、1杯だけ飲んで帰る。
そんな「行きつけ」があったらと、誰しも一度は考えたことがあるでしょう。

今、うなずいたあなたには英国風パブの『HUB』がおすすめ。
しかも1月31日(水)までの期間限定で、お店に雑誌を持っていくとカクテルやワインなど通常390円の17品が、なんと180円に!

ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
でも、なんで?

HUBってどんなお店?

ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
英国パブの文化を日本でも根付かせようと誕生したのが、このHUB。
店内のいたるところに本場・英国のかほりがするインテリアが飾られています。

ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
この時計かわいい!

創業者の中内功さんは、「週刊誌を買うように気軽にお越しいただきたい」という願いを込めて、当時の雑誌1冊の価格であった180円をHUBのメニューの基本価格に設定したそう。
時は流れ、現在の基本価格は390円となりましたが、株式会社ハブの東証一部上場を記念して期間限定で創業時の雑誌価格が実現したというわけです。

そもそもパブとは?

本場・英国のパブは今でいう「サードプレイス」のような場所。
仕事帰りにふらっと立ち寄って、気分をリセットしたり、名前も知らない人と談笑したり。
そしてサクッと飲んだら、帰宅して夕食をとるのが主流なので、あまりヘビーな食事は提供されないのが通常です。

つまり、伝統的に「おひとり様歓迎」のお店なんですね。

では、さっそく行ってみましょう

というわけで、今回TABIZINEはHUB秋葉原店で取材を敢行!平日の夕方でしたが、店内には早くもお客さんの姿がちらほら・・・

ちなみに、自分でカウンターまで行って注文するスタイルですのでご注意を。
おもむろに雑誌を差し出すと、笑顔で受け取ってくださいました!

ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】
持参する雑誌は何でもokということでした。
でも、さすがに少年マンガは・・・

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会