体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スピードや音程を自由に変えられるiOSアプリ「AudioStretch」は音楽の友!

楽器を演奏する人にとって「耳コピー」はよくある練習法の一つ。オリジナル曲を聴いて、それを再現してみるというものだ。しかし、言うは易し、行うは難しで、なかなかそのスピードについていけなかったりする。

そこで紹介したいのが、音楽をスロー再生できるiOSアプリ「AudioStretch」。気になる箇所をじっくりと聴くことができ、しかも音程まで変えられるのだ。

・ビデオ埋め込みも可能

例えば、ギターを練習しているとしよう。好きな楽曲を繰り返し聴いてもどうしてもついていけない部分が出てくる。そんなとき、AudioStretchでは好みの速さで再生できるので正確な音をキャッチできる。

使うには、端末に入っている音楽データをインポートするだけ。再生スピードは「+」「—」ボタンをタップして調整する。音楽データはスクリーンに波形で表示され、そこでリピートしたい部分を指定することも可能だ。

波形部分へのビデオの埋め込みも対応していて、演奏を観ながら練習することもできる。

・声に合わせて音程調整!

またスピードだけでなく音程を変えられるのもこのアプリの特徴。オーディオの質を落とすことなく、半音上げ下げできる。

どう使えるかと言うと、たとえば高い声の歌でも自分の声にあった音程にする、なんてことができるのだ。

AudioStretchは、無料版と有料版が用意されていて、再生スピードは無料版が-1.5~+1.5倍なのに対し、有料版は-10~+10倍、音程対応幅は無料版だと3半音、有料版は36半音となっている。

AudioStretch

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。