体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本好きアイドル・夢眠ねむ、“ミーハー読書”のススメを語る

本好きアイドル・夢眠ねむ、“ミーハー読書”のススメを語る

でんぱ組.incの夢眠ねむが自分の本屋を開いたら、一体どんな本が並ぶのだろう――。

本好きとして知られるアイドルの夢眠さんが、自分の書店である「夢眠書店」をいつか開店させるために、出版業界と本作りのイロハを学ぶ一冊が本屋に並んでいる。『本の本: 夢眠書店、はじめます』(新潮社刊)である。

本書は出版取次の日販が運営する「ほんのひきだし」の連載をまとめたもの。本作りのキーマンたちとの対談を通じて、本の魅力や面白さに迫っていく。

夢眠さんは対談を通して、一体どんな書店を作りたいと考えたのか? そして本にかける想いとは? 前編と後編の2回でお届けする夢眠ねむさんへの「本」にまつわるインタビュー。前編では取材に行った場所からいくつかの印象的なシーンと、夢眠さんの好きな本についてお話を伺った。

取材・文:金井元貴(新刊JP編集部)

■本に囲まれることが幸せ

――『本の本』、読ませていただきましたが、最初の感想は「とにかくマニアックな内容」でした。出版業界のことを追いかける本って専門的な話になりがちなので。でも、業界外からの視点で夢眠さんが出版について探っているので、分かりやすかったです。

夢眠:内容はポップな感じになればいいなと思っていました(笑)。もともと本が好きで、実際に本屋さんで働いていたこともあったので、POPとか本の陳列とか、そういう部分は分かっていたんです。

ただ、今回、本を作るところから全部遡って、一冊の本が私たち読者に届くまでを追いかけると、想像つかないくらいの規模感がありましたね。

――取材を通して特に驚いたことはなんでしたか?

夢眠:取次会社の日販さんの王子流通センターの取材ですね。本って1日でこんなに動いているんだって思いました。

――流通センターは、出版社から搬入した本を仕分けて書店に発送する倉庫ですね。

夢眠:そうです。私が見学したのは王子流通センターというところなんですけど、そこでは1日約180万冊から200万冊を書店に出荷しているそうです。あんなに規模が大きいのに、小さい本屋さんからの注文にもちゃんと対応していて素敵でした。

――流通センターの中で本に囲まれて写っている夢眠さんの写真がとても楽しそうです。

夢眠:「イエーイ!」って表情をしてますよね(笑)。ここ、本しかないんですけど、本好きからすると、お宝の山にいる感じがして面白かったです。

――本好きって、基本的に本がたくさんある場所に行くとテンション上がりますよね。

夢眠:図書館とはまた違うんですけど、本がたくさんあって、なんだか楽しい気分になりました(笑)。

■夢眠ねむ作の絵本「いろんな胃」

――絵本・児童書の専門出版社である偕成社さんへの取材では、文章から夢眠さんのテンションが少し違うなと感じました。

夢眠:絵本がすごく好きなんです。多分、絵本ってみんなにとって最初の読書体験だと思うんですよね。私もそうですし、本を読む=勉強というイメージを持っている人も、幼い頃は絵本を読んで楽しんでいたと思います。

自分が大人になった今でも、絵本を通して得たことが大事なものとして残っています。子どもの頃、食べ物が載っている絵本ばかり読んでいたんですけど、料理好き、ごはんが好きなのは、多分その頃に培ったものなんでしょうね(笑)。

――子どもの頃に読んでいた絵本って確かに心に残りますよね。

夢眠:残りますよね。今でも覚えているのが『からすのパンやさん』です。小さなパンが全体に並んでいるページがあるのですが、当時、子どもなので俯瞰してページ全体を見られないので、無限にパンが置かれていると思っていたんです。それがすごく印象的でした。

その後、学生時代に「絵本を描きたい」と思って実際に描いたこともあります。

――それはどんな絵本だったのですか?

夢眠:テーマは「胃」です。

――「胃」ですか。

夢眠:そうです(笑)。「お父さんは胃潰瘍、お姉さんは胃下垂、いろんな胃があるけれど、人間にたった一つしかない大切な胃だ。ジャーン!」みたいな絵本でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。