体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

味のカスタマイズができる飲むアボカド「アボペチーノ」

1月24日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、下北沢駅北口から徒歩5分圏内を散策した際に紹介で、「マドッシュカフェ・下北沢店」(東京都世田谷区)が紹介された。

同店は、京王井の頭線下北沢駅から徒歩3分ほどにあるアボカド料理専門店。「マグロユッケアボカ丼」(単品1,200円)や「アボカドモッツアレラフライ」(1個800円)、「アボカドココナッツグリーンカレー」(単品1,200円)などが味わえる。

番組内では看板メニューとして「アボペチーノ」(800円/おかわり自由)を紹介。完熟したメキシコ産アボカドに氷・レモン汁・砂糖を加えてミックスした濃厚なアボカドが口いっぱいに広がる一品。金子貴俊さんは「うん、おいしい。アボカドなのか、言われなかったら分からなかった。飲みやすい。朝飲んだら元気でそう」とコメント。また、約20種類のシロップを使って味のカスタマイズも可能で、金子さんはおすすめの青りんごとクランベリーを混ぜて味わってみると「最後のほうにクランベリーの甘酸っぱさや青りんごの香りを感じますね」とコメントした。

続いて登場した「アボチースンドゥブ鍋」(1人前1,200円)は冬限定の鍋。豆腐を使った韓国料理のスンドゥブにアボカド・チーズ・卵が入っている。金子さんは「うまい。辛いんだけどアボカドのうま味とまろやかさですごい食べやすいですね。複雑で一言では言えない美味しさがありますね。アボカドがあったほうが食べやすいです。すべてのうま味と食材が一体化してくれる。いろんなうま味がぎゅっと、これはマネできない味ですよ。オンリーワンですね」とアボカドのスンドゥブを堪能していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:マドッシュカフェ(madosh cafe)下北沢店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:下北沢のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:下北沢×カフェ・スイーツのお店一覧
たっぷりの玉ねぎが入った「山麓カレー」
未体験な食感のシンプルな麺「そば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会