体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激ウマ】ラオガンマー(老干媽)のラー油がおいしいので買って食おうぜお願いします

laoganma-in-burning-man

先日、バーニングマンというイベントに参加し、荒野の中で1週間共同生活をしてきた。1週間ぶんの食料を持ち込んだのだが、その中にラオガンマー(老干媽)のラー油も入れておいた。

すると、同行者に好評だった。布教して日本で買いやすくなればいいな、と思ってこのエントリを書いている。

・ラオガンマー(老干媽)とは
ラオガンマー(老干媽)はラー油のブランドです。オイスターソースや鶏ガラスープでおなじみの李錦記(リキンキ)はご存じかもしれません。

李錦記は、創始者である李錦裳が発明したオイスターソースをはじめ、さまざまな中華調味料を作っています。しかし、ラオガンマー(老干媽)の商品はほとんどラー油。

陶华碧という1947年産まれのおばあちゃんが作ったラー油を売り始めて、2009年には年商400万ドル、1日に130万瓶も製造する会社に育ったのです。ラー油ドリーム! しかも、2015年には1日200万瓶製造まで成長しています。めちゃ売れするほどウマいという話。

・どんな味?
どんな具が入っているかによって種類がわかれています。

僕のオススメは、油辣椒(ピーナツラー油)、辣三丁油辣椒(三種類具入りラー油 干し肉・豆腐・唐辛子)、香姑油辣椒(しいたけラー油)の3つ。

laoganma-bottles

日本の「食べるラー油」を想像してもらえると近いかもしれない。とにかく買って食べてみてほしい。ピーナツとか豆腐がよいアクセントになっていておいしいんすよ。

ロケットニュースの記事では、ドウチ(豆豉)メインの風味豆豉油制辣椒をオススメしているけど、これはちょっとクセがある。ので、上記の3つの味が初心者にはオススメ。

・使い方
1. 水餃子・焼餃子につけて
2. 冷や奴にのせて
3. 麺類にまぜて
4. 麻婆豆腐に入れて
5. 目玉焼きにのせて
6. 韓国のりをひたして
7. 炒め物に混ぜて
etc.

・入手法
一部のドンキホーテや業務スーパー
中華系食材店
通販

中華系食材店で買う場合、東京だったら池袋の友誼商店や陽光城、大久保の華僑服務社の地下、新宿の華栄中国食品。大阪だったら上海新天地の6階。通販は、本味主義が安い。Amazonもあるが高額。

異常なブームになって、普通の日本のスーパーで買えるようになるのを願ってる。

もっと詳しく読む: ラオガンマー(老干媽)のラー油がおいしいので買って食おうぜお願いします(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/25/raoganma-oishii/

執筆・画像: グニャラくん / 編集: 編集部

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy