体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“あえて”常識の逆をつく!名セリフ誕生の舞台裏ーーマンガ家三田紀房インタビュー《前編》

『インベスターZ』や『エンゼルバンク』『マネーの拳』など数々のヒットマンガを生み出している三田紀房先生。ビジネスに役立つ、小気味のいい名台詞が読者を惹きつけます。新連載『ドラゴン桜2』のスタートを間近に控え、これまで30年に渡って、マンガ界のトップを走り続けてきた三田先生の仕事術についてお伺いしました。

f:id:fujimine:20180116165404j:plain

【プロフィール】

三田紀房

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。

『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

1月25日より『週刊モーニング』で『ドラゴン桜2』の連載がスタート。

どのようにして社会のニーズを捉えているのか?

俣野:それでは三田先生、よろしくお願いします。『ドラゴン桜2』の連載がスタートするとお聞きしています。『ドラゴン桜』と言えば、「東大に入るのは簡単だ」のセリフでもお馴染みの受験マンガですね。当時はテレビドラマ化もされ、一大ブームを巻き起こした作品です。あれから10年が経ち、なぜ今再び「ドラゴン桜」なのでしょうか?

三田:もともと『ドラゴン桜』は、あれで完結していたのです。ところが時間の経過とともに状況が変わり、2020年度から従来の大学入試センター試験が廃止され、新しく大学入学共通テストが導入されることになりました。ちょうど『インベスターZ』の連載が終わるころ(2017年5〜6月)、文部科学省から教育改革に関する方針等が矢継ぎ早に発表されていました。

受験業界にとっては、1989年度のセンター試験導入時以来の大改革です。これだけの改革を行うとなると、教育現場では、大幅な方向転換を迫られます。しかし、今までのノウハウが使えないとなれば、どこからか新しい情報を仕入れてこないといけません。

私はこうした現状を知り、「だったら、情報がなくて困っている教育現場の人々に対して、『ドラゴン桜の続編』を通じて対策案を提示したらどうだろうか?」と思ったのが、『ドラゴン桜2』の執筆を決めた動機です。困っている人がいるということは、そこにはマーケットやニーズがある、ということですから。

俣野:これは「ニーズの見つけ方」として、大変有益なお話ですね。「社会で何か変化がある」ということは、新しいマーケットが生まれる可能性がある、ということでもありますよね。

f:id:fujimine:20180116165730j:plain

【プロフィール】

俣野成敏(またの・なるとし)

ビジネスオーナーや投資家としての活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設。マネースクール等を主宰する。著作累計は35万部超。『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』(日本経済新聞出版社)など。

「決め台詞」とは、みんなの声を代弁すること

俣野:それでは次に、多くの読者の方が気になっている「創作のヒントについて」いくつかお聞きしたいと思います。先生はいろんなテーマの話を描いていますが、物語はどのように構想されるのでしょうか?

三田:たとえば『インベスターZ』にしても、それまで投資のマンガを描こうなんて1ミリも思っていませんでした。たまたま取材先で、ある甲子園出場校を訪ねた際に、夜の懇親会の席上で、関係者から「学校の経営が厳しい」という話を聞きました。そこで、「投資で資金運用を行えば、学校の経営も安定するかもしれないと思いつき、でも、どうせなら子供に投資をさせたら面白いんじゃないか」と思ったのがきっかけです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会