体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和レトロにハイテクが合体!懐かしくて新しいラジカセ爆誕!!

昭和レトロにハイテクが合体!懐かしくて新しいラジカセ爆誕!!

 アラフォー世代よりも上なら誰でも知っているカセットテープ。ハードディスクやフラッシュメモリなんて物がなかった昔は音楽もパソコンのプログラムもカセットテープに保管していたものです。そのカセットテープが近年見直されており、人気も高まっています。そんなレトロデバイスを再生するのにピッタリなラジカセが株式会社センター商事より発売になりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 木目調のボディーに大きな円型スピーカー、伸縮するアンテナ、スイッチ形式の操作ボタンなど昭和のデバイス感満載なCICONIA(チコニア)ブランドのクラシカルラジカセ『TY-1710 ラジオ/カセットプレイヤー』は、そのぱっと見は40年位前のテイストなのに、USBメモリーやSDカードなど最新技術にも対応。ボディにドーンと付けられた大きなスピーカーからは今どき珍しいモノラル音声。最新のサウンドが一つのスピーカーから流れてくるのは逆にシンプルで新鮮に感じるかも。もちろん、昔のカセットテープを引っ張り出して楽しんだり新たに録音したりする事もUSB接続で新たな音楽を再生・録音したりして楽しむこともでき、ラジオ番組の同録もテープやUSBなどにできるのでラジオ族だった人はあの「番組をテープに保存して聞きなおす」という懐かしの作業が楽しめます。

 1月15日から販売を開始しており、メーカー希望小売価格は1万2960円(税込)でCICONIA Yahoo!ショッピング他にて販売されています。

<商品概要>
商品名:TY-1710 ラジオ/カセットプレイヤー
カセットデッキ部:モノラル録音・再生、セミオートストップメカ
アンプ部:定格出力 5.0W×2
ラジオ部:FM 76-108MHz / AM 530-1600kHz
USB部:再生可能フォーマット MP3音楽再生(拡張子mp3)
端子:入力 USBポート、SDカード挿入口 / 出力 イヤフォン端子
電源:AC100V 50/60Hz、DC6V(単一形電池4本)
消費電力:12W
サイズ(mm):幅293×奥行き89×高さ180(突起物のぞく)
重量:約1.43kg(本体のみ)
付属品:取扱説明書、AC電源コード
※上記内容は、改良のため予告なく変更される場合があります。

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

方向性が斜め上すぎる『スカパー!ハイブリッド』CM動画に困惑必至
撮り鉄の撮影マナーを考える・アサヒカメラが渾身の特集
にゃーん。キュートな猫用コスプレ雑貨『necos』第2弾は世界旅行がテーマ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会