体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEトークの写真は2週間で削除される前にKeep

LINEトークの写真は2週間で削除される前にKeep

LINEで友だちに送ってもらった写真を見ようとして「保存期間が終了したため写真が読み込めません」と表示され、アクセスできなかった経験は誰にでもあるはず。LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されてしまいます。そんなことがないようにLINEの「Keep」を使って永久保存しておきましょう。

LINEの写真が古くても見られる場合

過去のLINEのトーク内容を見ていて写真を拡大しようとタップしたら、黒い画面に「写真を読み込めません」とエラー表示されることがあります。基本的に、LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されるのです。

なお、写真によっては古くても問題なく見られる場合もあります。これは、写真や動画をいったん開くと、いったんスマホのアプリ内に保存されているから。このため、LINEのサーバー側で削除されても見られるのです。

とはいえ、LINEのお気に入りの写真や動画を見るために毎回、過去のトークをたどって探すのは手間がかかります。そこで利用したいのがLINEの「Keep」。LINEには自分専用のクラウドストレージが用意されているのです。

LINEの写真や動画を永久に保存する

「Keep」はトーク内のメッセージ、写真、動画、各種ファイルをアカウントを削除しない限り、永久に保存できます。ノートやアルバム機能とは異なり、「Keep」内のデータは自分しかアクセスできない仕組みです。

LINEトークの写真や動画などを「Keep」する方法は、保存したいデータを長押し。表示されたメニューから「Keep」を選んでタップします。すると、保存できるメッセージや写真、動画にチェック枠が出現。ここで保存しておきたい写真や動画すべてにチェックしたのちに「保存」をタップすればOKです。

「Keep」で保存したLINEの写真などを見るときは「友だち」画面で自分を選択します。右下に「Keep」のボタンがあるので選択すると、保存されているデータがリストで表示されるのです。容量は1Gバイトなので、重要データの保存に使いましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。