体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あと一週間!「HUB」に週刊誌を持参すれば390円ドリンクが180円に!

キャプチャ
英国風パブ「HUB」は 1月31日(水)まで、週刊誌と引き換えに「週刊誌価格メニュー(390円)」17品を創業当時の週刊誌価格である180円で販売するキャンペーンを実施中(HUB浅草店のみカクテル全品半額。82ブランド全店ではドリンク全品20%OFF)。
HUBは、「週刊誌を買うように気軽に利用していただきたい」という創業者である中内功の想いから、当時から現在に至るまで一部のカクテルを週刊誌価格に合わせて設定。(現在は390円)2017年12月4日の上場にあたり、創業当時の週刊誌価格「180円」でHUBを楽しんでいただきたい、というのが今回のキャンペーンの趣旨だ。

キャプチャ
筆者も早速キャンペーンに便乗。筆者は「ジントニック」、友人は「HUBレモン」をオーダー。HUBがレシピ監修をしてサントリー開発したトニックウォーターを使用しているというジントニックは、ジュニパーベリーの香りがしっかり効いたスタイル。
HUBレモンは心地よい酸味と爽快感で、老若男女問わず好まれる味わい。どちらも通常価格390円。雑誌を持参したので180円と割引に!
キャプチャ
フードは「フィッシュ&チップス」と「カレイ&チップス(冬季限定)」をチョイス。本場英国のレシピに基づいて作られているというフィッシュ&チップスは、外はサクサクと香ばしく中はジューシー。濃厚なタルタルソースやケチャップが淡白な味わいの真ダラと至福のハーモニーを奏でていた。カレイ&チップスはカレイのしっとり柔らかな食感が絶妙で、お酒との相性も抜群!
キャプチャ
今回の割引キャンペーンの対象ではないが、HUBではビールもとことん堪能できる。その中でも季節限定のHUBエールもオーダー。選りすぐりのモルトとホップを使ったというHUBだけのオリジナルなのだそう。バランスの良いほろ苦さですっきりと飲みやすく、クセになりそうな味わいだ。今回はチャレンジできなかったが、HUB名物のジャンボビール「1リットルタワービア」などもある。
キャプチャ
「HUBはご友人同士で来られるお客様が多いですが、夕方はハッピーアワーもあり、ハーフでオーダーできるフードメニューも用意しているので女性一人や学生一人でも気軽に来てほしいですね。その時に合った感じで楽しんでいただければ」とHUB渋谷センター街店 店長による話も伺えた。

キャプチャ
今回のキャンペーンでは週刊誌や雑誌1冊と引き換えに1会計内なら何品でも割引可能。この機会に、本場さながらのパブの雰囲気を体感できるHUBを楽しんでみてはいかがだろうか?

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【あの人は今】TBS「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた女の子が・・・!【子役】
【ロケ弁】日本テレビ「有吉反省会」の出演者が食べているメニューは、これだ!
【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】付き合う気のない女性とキスをしてしまいました・・・。

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。