体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミャンマー空軍がロシアからSu-30戦闘機を導入決定

ミャンマー空軍がロシアからSu-30戦闘機を導入決定

 ミャンマー空軍が新しい主力戦闘機として、Su-30を導入することでロシアと合意しました。2018年1月22日(ミャンマー現地時間)、ロシア国防省が発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 これはロシアのセルゲイ・ショイグ国防相の東南アジア歴訪(ミャンマー、ベトナム、ラオス、カンボジア)でミャンマーを訪問した際、交渉が合意に至ったものです。現在ミャンマー空軍は、ベラルーシから導入したMiG-29を主力戦闘機として運用しています。また2015年12月には、パキスタンとの間でJF-17(中国とパキスタンが共同開発したマルチロール機)導入についての契約も締結しており、ミャンマー空軍の戦闘機は一気に近代化が図られることになります。

 発表された内容によると、導入されるSu-30は6機。これまでに導入しているヘリコプターのMi-17、Mi-24、Mi-35、そしてジェット練習機のYak-130とともに、ロシアとの結びつきがより強化されることになります。

 また、ロシアの士官学校にはミャンマー軍から600名を超える人員が留学しており、ロシアの最新の軍事ノウハウを身につけています。

 この1月中旬から下旬にかけて、ロシアだけでなく、アメリカもマティス国防長官が同じく東南アジア諸国を歴訪しており、関係を深めようと軍事外交を行っています。中国の海洋進出に伴う懸念も含め、東南アジア諸国との関係強化をロシア、アメリカ双方が重視している現れであるといえるでしょう。

Photo:MoD Russia

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イスラエル空軍のF-15Iが導入20周年を迎える
海上自衛隊の「最高機密」大公開!日本を守る最強レシピ集『艦めし』
【レッドブル・エアレース】2018年シーズンはVR映像でライブ中継を楽しもう!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会