体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

能登前寿し&香箱蟹を食べ尽くす!5歳の父子旅【後編】

能登前寿し&香箱蟹を食べ尽くす!5歳の父子旅【後編】

北陸親子旅の1日目は、北陸新幹線と豪華な観光列車「花嫁のれん」に乗って、やって来ました能登半島。水族館のジンベエザメに親子で興奮し、海釣りではフグに大はしゃぎ。
楽しい旅行の2日目は、北陸グルメを堪能します。

寿司店のカニを食べ尽くす息子

2日目はゆっくり起き、朝の露天風呂に浸かったあとに市場へ。
能登半島といえば新鮮な海鮮。海鮮といえば寿司。息子も僕も、三度の飯より寿司が好き!

やって来たのは和倉温泉の隣の駅、JR七尾線で5分のJR七尾駅。七尾は海鮮の街で、街のいたるところに寿司店がある。地元の旬のネタと能登の里山で栽培した米を使った寿司を「能登前寿し」と呼んでいて、参加している8店舗ではどこでも一律2,700円で食べられる。
まいもん処 たぶ屋 外観

2日目も変わらずシェーのポーズで

入ったのは、七尾駅から徒歩10分の「能登食祭市場」の中にある「まいもん処 たぶ屋」。
まいもん処 たぶ屋 能登前寿司

※食べる時はサングラスを取ってます

まいもん処 たぶ屋 能登前寿司

見て! このおいしそうな能登前寿しを!
当然めちゃくちゃうまい! 全部うまかったんだけど、炙りかます(写真右上)が、ほっぺた落ちるくらいにうまかった。
もちろん、能登で採れた魚。能登半島は新鮮魚介の宝庫。
息子はカニがよほどうまかったのか、おかわりを何回もしていて、ついには職人さんに「すいません、もうカニがなくなっちゃいました」と言われていた。カニを食べ尽くす息子……恐るべし……。

寿司をたらふく食べ、おなかも心も満たされた僕たちは、七尾駅からJR金沢駅まで戻った。特急だと1時間ほど。

絶対に忘れてはいけないものは「嫁へのお土産」

ここで、さらに金沢駅でも予定がある。最後に絶対に忘れてはいけないもの! それは、愛するお嫁さまへのお土産だ。
金沢駅からバスに乗って20分。金沢の伝統工芸、加賀繍のお店「加賀繍IMAI」にお邪魔する。店内にはきれいな刺繍が施された小物やアクセサリーがたくさんあって、何を買うか本当に迷いに迷ってしまった。そして決めたのがこれ。
加賀繍IMAI 「♪のピアス」「小鳥のチャーム」「蝶のブローチ」

加賀繍IMAI 「♪のピアス」「小鳥のチャーム」「蝶のブローチ」

1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。