体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ONもOFFもこなすチェア

ONもOFFもこなすチェア

「東京で一人暮らし」って聞こえだけがオシャレで、気になる住まいのほうは、実はとてつもなくコンパクト。だって友だちが来た時にみんなで囲えるローテーブルに、作業時に使えるデスクと椅子、さらにはベッドを置いたらもうパンパン。

だから部屋の家具選びには慎重になるし、スマートな収納方法はかき集めておくと何かと役に立ったり。あるいは、こういった一人二役のマルチ家具に注目するとか。ONもOFFもこなすチェアONもOFFもこなすチェア

見栄えはシンプルでも、機能性を重視したものづくりをモットーにする

オランダの家具メーカー<Studio Lorier>が手がけたこの椅子。インダストリアルデザイナーSander Lorierのモットーは、「栄えはシンプルでも機能性を重視したものづくり」だそう。

本を読んだり、リビングでくつろぐときはラウンジ用のローチェアに、来客に合わせてダイニングチェアを追加したいときにはハイチェアへ。こんな感じで背もたれの角度を変えて、シーン別に使い回しができる。そこに「ハイブリッドチェア」という名の由来があるようです。ONもOFFもこなすチェア

上げ下げ方法もいたってシンプル。「コンフォートバージョン(Gif左)」のハイブリッドチェアでは、立った状態で背もたれ部分を持ち上げ、スライドダウン。「デラックスバージョン(Gif右)」の椅子では、座ったままの位置から、肘掛けの下に設置されているレバーを持ち上げて、お好みの位置にスライド。

ネジを緩めてパーツを外したりの時間が不要だから、ちゃっちゃと可変できるのもいいですね。ONもOFFもこなすチェア

オプションのオットマンにはこんな仕掛けも。座面をひっくり返すだけでローテーブルが登場。

角度ひとつでパーティーシーンや仕事モードから、リラックスモードへの切り替えを手伝ってくれるこの汎用性、あとひとつテーブルチェアを買い足すよりも現実的ですよね。Hybrid Chairで検索してみて。ONもOFFもこなすチェアLicensed material used with permission by Studio Lorier

関連記事リンク(外部サイト)

この星ではキャパオーバーなデザイン家具
大人のための「木馬」が、生産性を上げてくれるかもしれない。
家具と調和する「エアロバイク」を追求した結果・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会