体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

犯罪の発生率でランキング!世界で【渡航要注意の旅行エリア】はどこ?

 中東は3位!世界で【要注意の旅行エリア】ランキング1位は・・・
海外旅行に出かけるとなると、やはり治安がちょっと気になりますよね。では世界で最も注意したい地域はどこになるのでしょう? 今回は日本旅行業協会や外務省などの情報をもとに、世界で要注意のエリアランキングを作成してみました。

ランキングの作成方法は、日本旅行業協会が世界観光統計資料集をもとに地域別でまとめた海外旅行者の数と、外務省が発表する海外法人の援護件数から、犯罪の発生率を出してみました。

外務省の邦人援護件数は最新版がすぐに見つかりましたが、地域別の日本人海外旅行者をまとめた世界観光統計資料集の最新情報が手に入らなかったため、ちょっと古いですがそれぞれ2005年のデータを使いました。15年近く昔のデータですので現在の数字で計算するとランキング結果が変わる可能性もありますが、1つの参考にしてみてくださいね。

 

ワースト3位・・・中東

 中東は3位!世界で【要注意の旅行エリア】ランキング1位は・・・
今回の対象地域は、アジア、欧州、北米、大洋州(オセアニア)、中南米、アフリカ、中東の7地域。

ワースト3位の中東(中近東)は、ヨーロッパから見て極東の手前に広がる国々になります。日本人の観光客(中近東)は172,557人。海外邦人援護件数(中東)が281件になります。他の地域との関係で見ると、281件は全体の1.8%と最も少なく、最新の2016年のデータでも191件(1.0%)と援護件数自体はエリア別で最小なのですが、中東(中近東)へ訪れる日本人観光客がそもそも少ないために、高い発生率となりました。

海外邦人擁護とは、日本の在外公館や交流協会が海外で事故・災害・犯罪被害など何らかのトラブルに遭った邦人に対して行う援護を言います。この数字は件数で人数とは若干の誤差があり、援護には犯罪以外に事故・災害も含まれているため、必ずしも治安と直結するわけではありません。

また、日本人観光客数の参考元である日本旅行業協会が定義する中近東の国々と、海外邦人援護件数を発表する外務省の定義する中東の国々にも差があります。そのため、日本旅行業界協会の中近東の中から、観光客数の特に多いエジプトをアフリカとして計算し、外務省の定義に近づけるために、日本旅行業協会でヨーロッパに分類されていたトルコとイスラエルを加えて計算しました。

2018年までの13年間に目まぐるしい変化があって、観光客の数字が大きく変わっている可能性もあります。ですが2005年の情報で考えると、中東(中近東)は渡航に注意したいエリアだと分かります。

中近東(中東)の中で最も日本人観光客が2005年の段階で多かった地域はバーレーン、サウジアラビア、オマーンとなっています。外務省の安全ホームページを見ると、バーレーンは危険表示がレベル1、サウジアラビアもレベル1が大半で国境沿いの地域でレベル2、3(渡航中止勧告)が見られます。一方のオマーンは危険度表示がありません。

レベルが上がるほど危険で、レベル4に関しては退避勧告が出ています。その意味で中東(中近東)に初めて旅行に出向く場合は、TABIZINEの過去記事「初めての中東旅行はここで決まり!【中東の安全な国】3選」でも紹介したオマーンがまずは最良の選択肢と言えるかもしれませんね。

 

ワースト2位・・・アフリカ

 中東は3位!世界で【要注意の旅行エリア】ランキング1位は・・・
アフリカの海外邦人援護件数は2005年版で全体の2.0%の320件、2016年版でも1.8%の343件と他の地域と比べると少ないです。しかし、日本からの観光客数はエジプトを加えても139,874人(2005年のデータ)と、それほど数は多くはない地域ですから、発生率もワースト2位になりました。

外務省の海外安全ホームページによれば、アフリカはリビア、ニジェール、マリ、西サハラ地域、ナイジェリア、中央アフリカ共和国、南スーダン、エチオピア、ソマリア、ケニア、コンゴの全域、あるいは一部に対してレベル4の退避勧告が出ています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。