体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「何をしているかわからない人」がたくさんいる。それが大事なワケ|革命を起こすチームの作り方【前編】

職場の悩みで上位になるのが「人間関係」。どんな仕事でも一人では進めるのは難しく、常に社内外の人たちと良い関係を保っていかなければいけません。個性豊かなメンバーをまとめるとなったら、その苦労もひとしおのはず。でもNECソリューションイノベータ株式会社 イノベーション戦略本部長 八尋美徳さんは「どんな現場でも人の組み合わせを工夫することが重要」といいます。

ハッカソン(一定期間集中してプログラムやサービスの開発を行うイベント)の運営で「場の一体感を作る仕事」をしている羽渕彰博(ハブチン)さんは、八尋さんのチームのマネジメント法を知って「これはみんなが使える!」と思い、今回詳しく聞いてみることにしました。これまでの組織論とは違う新しい“チームの作り方”について、2回に分けて紹介します。

f:id:kashiemi:20180118113020j:plain

八尋美徳さん(右)

1963年福岡県生まれ。1985年九州日本電気ソフトウェア株式会社に入社、地元企業や自治体と一緒にIT関連のオープンソリューションを提案、実施。事業企画部や生産革新推進室などを経験したのち、2014年に自社を含めたNEC子会社7社がNECソリューションイノベータ株式会社として統合。2016年4月にイノベーション戦略本部長となると同時に東京本社勤務に。社会課題を解決できる新ビジネスを創出するため、部門を率いている。

羽渕彰博(ハブチン)さん(左)

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社後は自社新規事業立ち上げに従事しつつ、アイディアを短時間で具現化する「アイディアソン・ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し株式会社オムスビを設立した。復興庁が取り組む「共創力で進む東北プロジェクト」にも参加し、人と人をつなぐ活動に注力している。

イノベーションで、環境変化に耐える力をつける

ハブチンさん 八尋さんとは、復興庁が中心に行っている「共創力で進む東北プロジェクト」のイベントでご縁ができました。いろんな人がアイディアを出し合ってオープンにイノベーションを起こすアイディアソンやハッカソンに僕が参加して。

八尋さん 弊社が事務局になっているので、そのときが初めてでしたね。以前から「ハッカソン芸人」という面白い人がいるとは聞いていて、お会いして「ああ、この領域を仕事にする人がいるんだ」と感心したんですよ。

ハブチンさん ありがとうございます。ちゃんとお話ししたのが飲み会だったと思うんですけど、そのとき八尋さんが話してくださったマネジメントの内容がめっちゃ面白かったんです。

組織には必ず「ビジョンを描く人」と「形にまとめる人」がいて、それを「CEO(最高経営責任者)っぽい人」と「COO(最高執行責任者)っぽい人」と定義する。一人が両方の性質を担うより、役割分担を意識してチームとして組ませたほうが成長できるんだといわれた。その発想にすごく感銘を受けました。みんな頑張って両方をやろうとするじゃないですか。でもそうじゃないよ、と。

八尋さん 自分にとっては特別な話とは思っていなくて、今回のインタビューの依頼は少しびっくりしました。

ハブチンさん 八尋さんの名刺を見ると会社名にも「イノベータ」があるし、役職名は「イノベーション戦略本部長」です。部下の方々もイベントでご一緒するんですけど、皆さんパワフルで個性が強い。その中で「こうやってチーム作りをするといい」というご自分の解答を持っていらっしゃることにとても興味を持ったんです。イノベーションというと意味が非常に広いのですが、会社ではどんなミッションがあるんですか。

八尋さん 新事業・ビジネスの創出を狙って組織を作っています。当部とは別に、イノベーションラボラトリというR&Dの組織もあって、ここで基礎研究などを行い、生まれた技術を使って新しい事業につなげていく。私たち「NECソリューションイノベータ」は“社会課題解決のために何ができるか”を常に考えて実践する企業なんです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。