体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観、「本当にすごいものを見たら…」

尾崎世界観、「本当にすごいものを見たら…」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。1月22日のオンエアでは、ライブ中のファンの挙動について尾崎が見解を語りました。

そのきっかけは「ライブ中に理性が働き、音楽に乗って体が動かせません」というリスナーのメールから。「すごく楽しいのに悔しいです。若き日の私に戻ってノリノリで踊りたいです」と続いていましたが、メールを読み終えた尾崎は「…いいと思うけどねえ」と一言。

「自分はライブしてる側だから、わかりやすく動いてもらってたほうが『楽しいんだな』というのがすぐにわかりますけど、別に特に今回のツアーからあんまり思わなくなったなあ。そんなに気にしないようになりましたね、動きがなくても『そこに来てる』というだけでも気持ちを受け取ろうと思って。」(尾崎)

というのも、尾崎自身「本当にすごい物を見た時に動けなくなるのは正しい表現」と思っているそうで、「ノリノリで体を動かしながらビールとかカシスオレンジとかを片手に見られたら『悔しい』と思うくらいじゃなきゃいけないのかなと思いますけどね」とも話していました(笑)。

そして「圧倒的なものを見た時は動けなくなる」ということの例えとして、「クマに遭遇した時にノリノリで『イェーイ』ってならないでしょ? それくらいの衝撃を、『こいつヒグマか!?』と思わせるくらいの衝撃を与えたいんですよ」と尾崎(笑)。

と言う尾崎も先日、動けなくなるような出来事があったそうで、マネージャーに仕事のことで連絡をしないといけない時に、間違えてうわついた内容のLINEをしてしまっていたそう(笑)。「その時は動けなくなりましたね。ジンジンしましたよ体が。どうにかなりそうでしたけどね」と自身の失敗エピソードでトークを結んでいました(笑)。

…ということで、クリープハイプのライブではノリノリに体を動かさなくても大丈夫のようなので、自由に楽しみましょう!

この日の放送では他にも、職場での飲み会に呼ばれないリスナーの悩みに答えたり、尾崎の小説の楽しみに方についても語られました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会