体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

覆面パトカーとひと口にいっても、交通パトカーと捜査用パトカーに大きく分けられます。交通パトカーは交通取り締まりがおもな目的である一方、捜査用パトカーは交通取り締まりは行いません。ここでは操作用の覆面パトカーの見分け方を紹介しましょう。

捜査用の覆面パトカーはマイナー車種

刑事たちが使う捜査用の覆面パトカーは、正式には「私服用セダン型無線車」と呼ばれます。刑事たちの“足”なので、交通取り締まりは行いません。

捜査用の覆面パトカーの特徴は、車種がトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いこと。どちらかというと一般車に紛れ込むことが大切だからでしょう。

ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。こういったケースは覆面パトカーを見極める眼力が必要です。

捜査用の覆面パトカーはマグネット式

捜査用の覆面パトカーはグリル内に前面警光灯を装備せず、マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せるのが特徴。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄ることになります。

捜査用の覆面パトカーは緊急時は電源コードをバタつかせながら走ることがほとんど。電源コードがしっかりと固定している覆面パトカーはレアケースといえるでしょう。

なお、警視庁管内に生息するトヨタ・ハイエースには、交通課配備の覆面パトカーがあります。単なる輸送車ではなく、スピード以外の交通違反をガンガン取り締まってくるとか。赤色灯を常時おでこに付けていますが、乗用車のルームミラーには映りにくく、車種ゆえに秘匿性が極めて高いといえるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy