体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

総再生数1億回・Poppyが影響を受けたのは?

総再生数1億回・Poppyが影響を受けたのは?
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。1月21日(日)のオンエアでは、ネットで話題のアーティスト・Poppyさんとタイタニック・シンクレアさんをお迎えしました。

2014年、YouTubeに突如現れたPoppyさんは、不思議な世界観がネット界で話題のニューアーティスト。ロサンゼルスに移り住み、タイタニックさんに出会い、オフィシャルYouTubeチャンネルでの映像が話題を呼び、これまでの総再生数が1億回を記録しました。

「僕が新しいカメラを買って、お試しのつもりでPoppyを撮影したのがきっかけ」(タイタニックさん)という話ですが、その動画は10分間ひたすら「I’m Poppy」と叫び続けたりと独特な世界観のものばかり。「アンディ・ウォーホールやジェフ・クーンズ、ウォルト・ディズニーが私のインスピレーションの源」(Poppyさん)、「あと旅行したり日本にもインスピレーションを受けてます」(タイタニックさん)と明かしました。

そんなPoppy、Diploが主宰するレーベル「Mad Decent」からシンガーとして昨年10月にアルバム「Poppy.Computer」をリリースしました。

「シンガーも悪くないと思っていたし、ビデオを発表してビデオガールとして知られるのも悪くないなと。そこで『歌うビデオガール』もありかなと考えたの。原宿のkawaiiカルチャーや秋葉原のテクノロジーにも影響を受けているのよ」(Poppyさん)と語りました。

番組でオンエアしたアルバム収録曲「Moshi Moshi」について聞くと「『Moshi Moshi』は日本のJ-POPのコード進行を覚えるきっかけのような曲。アメリカのポップミュージックのコード進行はメジャーの中にたまにマイナーが入っているシンプルな形なんだけど、J-POPはジャズっぽい曲があったり、音感的に珍しいサウンドが含まれているので、その要素を取り上げたいと思った」(タイタニックさん)とのこと。

番組恒例のピンポンボックスのコーナーではゲストの2人に質問を引いて貰いました。「行きたい日本の場所は?」に対して「大阪、一度も行ったことがないから」(Poppyさん)、「タイムマシンがあったら行ってみたい場所は?」に対して「1940年代のウォルト・ディズニーに会いたい。『白雪姫』の時期だね」(タイタニックさん)と答えていました。

年内に2ndアルバムを発表予定で、実は2日前に日本で作品が完成したというPoppyさん。将来の夢は「テクノロジーが発達したら自分の惑星『Poppy Planet』に行きたい」と話していました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。