体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅に出なくたっていい。若者が夢を語れる世界をつくりたい / 前田塁インタビュー

旅に出なくたっていい。若者が夢を語れる世界をつくりたい / 前田塁インタビュー

TABIPPO.NET編集長である前田塁。創業から約7年経った今でも旅への探究心は衰えず、昨年には編集部でアメリカ横断という企画も実施していました。

普段はどのような仕事をしているのか?なぜ将来の夢は「宇宙飛行士」なのか?など、気になることについて詳しく聞いてみました。

旅に出なくたっていい。若者が夢を語れる世界をつくりたい / 前田塁インタビュー

ルイス前田

世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。第3土曜日で冠ラジオ番組はじめました。JFN「FUTURES」

 

――株式会社TABIPPOで現在、どのような仕事をしているのか教えてもらってもよろしいでしょうか?

Webメディア・TABIPPO.NETの編集長と、エンジニアの兼務をしています。編集長業務は、1つ1つの企画をライターと考えたり、メディア全体の方向性や年間の戦略を決めたりと、下から上まで様々な業務を担当していますね。

開発においては、2017年の4〜6月にセブ島へエンジニア留学に行ったので、それ以降、TABIPPO.NETの裏側のサーバーやコードを見ています。2つの業務の比率でいうと、編集長が8割、エンジニアの開発が2割といったところでしょうか。

――なぜ編集長になったのでしょうか?

TABIPPOを会社として立ち上げの時に、創業メンバーである清水と小泉で役割分担したんです。清水が社長業務と営業とプロダクト事業、小泉がイベント事業を担当することになりました。残るはTABIPPO.NETの原形となるブログ。やや消去法的に僕が引き受けることになりました。

当時はメンバーは誰もいない1人編集部だったので、チームとしての編集部を立ち上げ約4年間続けてきました。ゼロからイチのところは立ち上げて形となったので、もう新世代に引き継ぐタイミングかなと思います。

――編集長を辞めるということですか?

実は、編集長という肩書きにこだわりを持っていないんです。TABIPPOは若い人のためのメディアだから、若返りを続けていかないといけないんですね。当時会社を始めたときは、清水や僕はソーシャルメディアアカウントで最先端を走っていましたが、今はInstagramやYouTubeも出てきています。

それらについても理解はしているし、使い方もわかりますが最前線ではないなと。その部分については、Instagramと一緒に育ってきた若い人たちから教わることもありますし。

――TABIPPOで仕事をしていて、楽しい時・やりがいを感じる時はどんな時ですか?

何百万PVという数字を見てもピンとこないですが、身近な友達から「調べたらTABIPPOの記事を見つけたよ」って言われた方がやりがいを感じますね。創業当時もそういう声はもらっていましたが、お世辞のような気もしていて。最近だと、本当に周りに浸透してきたことを認識します。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。