体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Rude-α 新曲「この夜を超えて」MV解禁&iTunes/Apple Musicで先行配信スタート

Rude-α 新曲「この夜を超えて」MV解禁&iTunes/Apple Musicで先行配信スタート

 Rude-α(ルードアルファ)が、2月7日に発売される新作EP「20」から、新曲「この夜を超えて」のミュージックビデオを解禁(https://youtu.be/Dx5lrh0Mzaw)、そしてiTunes/Apple Musicで先行配信をスタートした。

Rude-α MV

 沖縄出身、20歳の新世代ラッパーRude-αの「この夜を超えて」は、シカゴジューク~レゲエの激しくダンサブルなビートの上で、メロディアスに繰り出されるRAPが特徴の、スピード感溢れたアップテンポな楽曲。ライブセットのクライマックスを飾っているこの楽曲は、回を重ねるごとにファンの間で話題になっていた。

 「東京で暮らしはじめて二年。毎日見慣れた風景、同じ電車、同じ帰り道、交差点。誰でも感じている日常に対する退屈さってあると思うんですけど、そこに光が差す瞬間を描こうと思って」日々何の変わりもない、退屈な夜に突然現れた、名前も知らない女の子。彼女に手を引かれて走り抜ける街並み。シャッターの落書き。看板の光。夜の終わりの朝焼け。そんなひとつひとつが、突然光を放って輝きはじめる。今まで見過ごしていた退屈な夜の風景、実はそのひとつひとつには全部に意味があって、こんなに素晴らしい世界が広がっていたのだと気づかせてくれた。そんな瞬間の光を描いた、ファンタジックなリリックの楽曲となっている。

 ミュージックビデオは、12月に公開した「Mirror Ball」に続き、SKY-HI、JP THE WAVYなどを手がけた、
21歳の気鋭Spikey Johnが2作連続で監督。ファンタジックな女の子役として、モデルのウハラが出演。Rude-α自身が現在住んでいる“下北沢”、そして “渋谷”を中心に撮影が行われた。

◎リリース情報
Rude-α 『20』EP
2018/2/7 RELEASE
DDCZ-2189 1,500円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

全米初TOP20入り! 大ブレイク期待の白人ラッパーによる泣かせのメロウ・チューン / 「レット・ユー・ダウン」NF(Song Review)
全米チャート上昇中! 強烈な個性を放つ新星ラッパーによる“問題作” / 「GUMMO」6IX9INE(Song Review)
大ブレイクなるか!? 人気ラッパーによる最も勢いがあり、脂の乗り切った最新作 / 『ザ・ビューティフル・アンド・ダムド』Gイージー(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会