体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エド・シーランが最も羨むエルトン・ジョンの楽曲とは?

エド・シーランが最も羨むエルトン・ジョンの楽曲とは?

 エルトン・ジョンは、80か国以上で4,000回以上の公演を行ってきた正にレジェンドだ。レコード・セールスも約3億枚に上り、彼の楽曲は世代やジャンルを越える力を持っている。

 そんな彼の新作ドキュメンタリー『Elton John: The Nation’s Favorite Song』が米チャンネルReelzで2018年1月27日に放送される。ホームビデオや秘蔵映像からエルトン・ジョンのキャリアを彼の視点で振り返り、彼の楽曲が何年経っても色褪せない背景に迫る。

 この90分ドキュメンタリーでは、エルトン本人が自身のインパクトの強いステージ衣装や、50年に及ぶソングライターのバーニー・トーピンとの関係について語っている。また、アニー・レノックス、ライオネル・リッチー、ロッド・スチュワート、スティング、クリス・マーティン、ビリー・ジョエル、クインシー・ジョーンズ、ボーイ・ジョージ、そしてディオンヌ・ワーウィックなどの著名アーティストたちがエルトンと仕事をした時の個人的体験を紹介している。

 公開されている予告映像では、同じく英国のスターであるエド・シーランも、エルトン・ジョンが書いたディズニーの『ライオン・キング』のテーマ曲「愛を感じて / Can You Feel the Love Tonight」を“珠玉”と呼び、「僕がエルトンを永遠に羨ましく思うのはあのことだけ。彼が得てきたあらゆる栄誉や他のどの曲よりも、“ライオン・キング”を書いたってこと」と絶賛している。

 予告では、エルトン・ジョンと、彼のバンドのギタリスト、デイヴィ・ジョンストーンも曲の誕生秘話を一部明かしている。

◎Elton John: The Nation’s Favorite Song
https://youtu.be/aEtWwzOJSWY

関連記事リンク(外部サイト)

カミラ・カベロ、エド・シーランとの幻のコラボ曲を一部アカペラで披露
エド・シーランが婚約
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーラン首位死守、ジャスティン・ティンバーレイク新曲9位初登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会